自分と生活時間が異なるマンション隣人の「給湯器の騒音」に悩んで

住んでいるマンションの給湯器は外のベランダに配置されており、お湯を使うたびに、ガスに点火するような音が聞こえます。

昼間は車が行き来する音や、他の生活音にかき消され、気になることはほとんどありません。

しかし、この給湯器の音に悩まされることとなりました。

生活時間が異なる隣人の生活騒音

上の階に住む住人は夜型生活のようで、全く生活リズムが合わなく、昼間はとても静かなのですが、朝の4時ぐらいまで、給湯器を使う音が聞こえなかなか眠りにつくときに、気になってしまうようになりました。

夜は他の家も寝ている時間の人が多いため、昼間より静かなため、余計に給湯器の音が気になり、その生活音が騒音へ感じるようになったのです。

自分の家でできる対策を考える

しかし給湯器を使うのを控えてくださいとは言えません。昼間だったらただの生活音でしかないのですから。そこで自分の家でできる対策を調べました。

私は窓のとなりにベッドを置いて寝ていたので、ベランドに近い外の音が聞こえやすいのだと思いました。そこで、カーテンを厚手のものに変えてみたところ、防音効果が生まれ、以前よりも外の音が気にならなくなりました。

季節によって気にならなくなる

給湯器の音が気になったのは冬でした。夏を迎えると、窓を開けて寝ることも増えたのですが音が気にならなくなったのです。

なぜかと考えてみたところ、冬ではないので給湯器を使う頻度が減ったのもありますが、今度はエアコンを使用する家が増えて、室外機の音が昼間も夜間もどのお家からも聞こえるようになり、他の生活音がかき消されているためだとわかりました。

このように思わぬ生活音が騒音へと変わることがあるのだと身を持って体験することで、日頃からスリッパで歩く音や、ドアを閉める音などにも気を配るようになりました。

また、こうした生活時間がことなるお家へ、相談にいくのは難しいと感じる場合には、自分の家で行える騒音対策があると実感しました。家具の配置を変えるだけでも変わると思いますし、カーテンなどのインてイリア用品で改善できることもあります。

騒音を諦めないで、自分自身から変わることを意識してみるのもいいかもしれません。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ