マンション生活で楽器の重低音が響いて困る!その対策法とは?

マンション生活で、隣から楽器を演奏する音がうるさいという話をよく聞きます。楽器の重低音というのは、マンション全体に響き、広がります。

演奏をしている人には、思いもつかないような所まで、響き渡っているのが現状です。

しかし実際に、演奏している人の隣で生活をするのは大変な負担です。いくら音楽が好きでも、自分の聞きたくない音は騒音でしかありません。

では、どうすれば隣人は、騒音を止めてくれるのでしょうか?

まずはどんな人物なのかを知る

あなたは、楽器を演奏している人がどのような人物なのか詳しく知っているでしょうか。例えば、どんな仕事をしていて、家族構成は何人か、その内の誰が楽器を演奏しているのか、また、どんな人柄の人物かを調べてみましょう。

たまたま、玄関などで顔を会わせることがあったら積極的に挨拶をするなど、声を掛けてみましょう。全く顔を会わせないような人なら、管理人や管理会社に簡単に問い合わせをしてもいいでしょう。

その時に、名前を伏せてもらって楽器の演奏が気になる点を話してみても良いでしょう。

さりげなく注意してみましょう

楽器を演奏している側は、大抵、自分は音楽に没頭していて、周りに迷惑を掛けているという概念がないことが考えられます。

親しみやすそうな人柄であれば、「音楽をされているのですか」と聞いてみるのも良いかもしれません。
単純に「聞こえているんだ」と気付くはずです。

また、「ベースの練習ですか?大変ですね」や「夜まで、練習なんて大変ですね」と言ってみるのも良いでしょう。「すいません」と謝ってくるなら、見込みはあるかもしれません。

しかし、問題なのは声も掛けられないほどの人物である場合です。隣に住んでいるからと言って、自分と似たような家族構成だとは限りません。

近頃では、ちょっとしたことでも怒りでカッとなって暴力行為に発展する場合もあります。自分では対処するのは無理かもしれないと判断したらすぐに行動に出るのは止めましょう。

ではどうするか

管理会社や大家さんに相談して何も変化がないようなら、匿名で警察に電話をすることもできます。夜中にどうしてもうるさい、演奏が響いているというと、警察官がその家に注意をしに行ってもらえます。

注意だけにはなりますが、相手にも演奏がうるさいと伝わりますし、警察側も気にしてくれるようになります。もし、住人の態度が悪ければ何度も警察に伝えることで、管理会社の対応も変わってくるはずです。

賃貸借契約書には、迷惑行為の禁止事項について記載があるはずです。一度、調べてみましょう。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ