リフォーム工事の騒音に悩まされた時は管理人に相談するのがベスト

マンション住まいの方なら、一度や二度はマンション内の騒音に悩まされたことがあると思います。

隣人の話し声やテレビの音が聞こえる程度なら、比較的我慢できますが、時々行われるリフォーム工事による騒音は、あらかじめ工事が行われることが分かっていても辛いものです。

事前に届けが出されている工事なのか確認する

マンションにもよりますが、ほとんどのマンションには管理組合があり、管理組合で作られた規定や規則があります。そこには、内装工事やリフォームに関する事項も必ず載っているはずです。

集合住宅ですから、多くの場合、大掛かりな工事を行う際には、左右隣の住人と上下階の住人に許可を得る必要があります。また、管理組合にも工事をする旨、所定の用紙に必要事項を記入して提出する義務もあるでしょう。

当然、工事が始まる前には、マンションの案内掲示板に工事期間や工事の内容について告知されることになります。もし、そういった情報がない時は、届けを出さずに工事を進めている可能性があります。

ルールに則って工事をしているならともかく、そうでない場合は我慢するにも限界があるというもの。このようなケースでは、まずは管理人さんに相談するなどといったアクションを起こすのが得策です。

騒音が酷くても外出ができない場合は管理人さんに相談

しっかりと届けを出したリフォーム工事ならば、基本的には我慢するしか方法はありません。工事による騒音は日常生活に支障をきたす場合もありますが、将来的に自分がリフォーム工事をする可能性もあることを考えると、お互い様であるとも言えます。

ただ、日中家で過ごす時間が多い方にとっては、少々深刻な問題です。外出すれば済む問題かもしれませんが、なかには病気や高齢などの理由で外出できない方もいるでしょう。

その場合、ひたすら我慢するのはなかなか大変です。ドリルの音など、あまりに酷い騒音が続くようなら、管理人さんに一度相談してみた方が良いかもしれません。

土日や夜まで工事が続いた場合も要相談

大半の場合、リフォーム工事は、平日の日中(朝9時頃から夕方の5時くらいまで)に行われますが、まれに土日にも工事が及ぶことがあります。そうなると、せっかくの休日にゆっくり休めないという事態になり、ご近所トラブルになる心配も出てきます。

また、それ以外にも、多くの住人が帰宅する夕方以降の時間帯に工事を続けるようなら、少々問題がありますので、やはり管理人さんや管理組合に相談した方が良いでしょう。余程急いで修復しなければならない工事でない限り、夜に作業をする必要などないのが普通です。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ