初めての一人暮らしで最悪な隣人宅からの騒音被害

性別 女性
年齢 29歳
イニシャル K.O.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 20年
構造 鉄骨構造

私が、そのマンションに住むキッカケは、高校を卒業後、実家から離れた学校に進学する事になったので、一人暮らしを始めたからです。

まだ子供だったので、どのようなマンションが騒音に強いのか、などの知識が全くなく、家賃の安さだけで選んだのが、騒音生活の始まりです。

大人になった今では絶対に選ばないようなマンションでした。

まだ気づいてなかった頃

引越したばかりの頃は、あまり気にしていませんでしたので、こちらも普通に生活していました。ですが、間もなく気づきはじめました。

すっごい声が聞えるような。と。そのマンションは安いだけあって壁がかなり薄かったのです。

騒音の種類

私がそのマンションに住んでいる間に、二人が隣に引越して来たのですが、一人目は、テレビの音、男女の声。でした。内容丸聞こえでした。

男女がケンカすると、もう最悪でした。なぜケンカしたのか、私も分かる程でした。

二人目の騒音の種類は、真夜中までする、ゲームの音て、ドアの開閉の音です。しかも、そのゲームというのが、銃を打つようなゲームだったなど、「ドドドドドーン」が、永遠に聞こえてくるのです。ノイローゼになりそうでした。

隣人の正体

隣の人は、二人共、男の人で、どちらも一人暮らしだったとおもいます。一人目は、若い人で、多分20代前半のやんちゃそうな人でした。結構頻繁に、女の人を連れてきていたイメージがあります。

二人目は、50代位の中年のオジサンです。来客した人は記憶の中ではなく、いつも一人でゲームをしていたイメージです。

悩む日々

そんな騒音生活は、不快で不快で仕方ありませんでした。睡眠もろくに出来ません。ですが、当時まだ18歳位の私は、大人の男の人に注意するなんて、勇気はありません。

ただでさえ、怖いのに。眠れないし、注意も出来ない状態でしたので、ストレスはマックスでした。

振り返ってみると

結局何も出来ずにいた毎日でしたが、私は都合により、実家に帰る事になりました。やはり、実家はいいですね。騒音とは無縁で快適でした。

今は結婚もしました。2つの物件のアパートで暮らしましたが、昔の経験を活かし慎重に物件を探しましたので、何の騒音被害はなく、快適に、暮しています。

振り返ってみると、「よく、あんな所で生活していたな」という事しかありません。皆さんも物件探しは、慎重にして下さい。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

One Response to “初めての一人暮らしで最悪な隣人宅からの騒音被害”

  1. 高木伸吾 より:

    隣人が深夜中テレビをつけているのでかなりの雑音が隣から聞こえます。私は普通の人より耳がいいので音がよく聞こえるので、雑音がかなり頭が痛いです。警察を呼んでもこれくらいなら注意できないと帰ってしまうし。管理会社に注意してもらうも効き目なし。解決方法はありますか?引っ越し以外で。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ