隣戸間の音を遮断する要となる騒音対策と壁の見極め方

マンションに住む場合は間取りや部屋の仕上げだけを元にして決めると大きなミスを犯します。マンションの隣戸や上階からの音は生活を始めると、どうしても気になってしまいます。

マンションを決める前に図面等で確認できることがいくつもあります。

2種類あるマンションの壁

マンションの壁には構造種別により2種類の壁があります。一つは鉄筋コンクリートの壁、もう一つは鉄骨造の壁です。建物が鉄骨造の場合は騒音対策の要となる騒音対策壁は、全て鉄骨造です。

問題は鉄筋コンクリート造の壁でも騒音対策壁が必ずしも鉄筋コンクリートでは造られていないことです。建物は地震力や経済性を考慮して、なるべく重さを軽くするように設計されます。

これは鉄筋コンクリート造のマンションでも変わりはありません。そして、壁の遮音性は壁の重さと密接に関わっています。

重いほど良い遮音性

壁に限らす、床の場合でも重いほど音を通しにくい性質があります。鉄筋コンクリート造の建物は、鉄骨造の建物よりも音を通しにくいとされています。

一頃は高層のマンションでは鉄骨造が採用されていました。高層の建物を鉄筋コンクリートで造ることが難しかったからです。

しかし近年、高層マンションの構造に鉄筋コンクリートが採用される割合が増えてきました。高強度コンクリートの開発などにより、高層でも鉄筋コンクリートの使用が可能となったからです。

構造による居住性の違い

技術的に鉄筋コンクリート造の高層マンションの建設が可能となっても、一般的に建設費が安いのは鉄骨造の方です。

それにもかかわらず、鉄筋コンクリート造のマンションが増えているのには理由があります。鉄骨造の高層マンションは、外部からの音を通しやすく、風などによる振動もあり、居住性に劣ることが知られています。

マンションのユーザーは、居住性の良さから鉄骨造のマンションよりも鉄筋コンクリート造のマンションを支持します。このことから、建設費が高額になっても、鉄筋コンクリート増のマンションが多く建てられるようになりました。

防音性の見極め

賃貸にしろ、購入にしろ、マンションに居住する場合は構造体を見極めことが大切です。なるべくなら、鉄筋コンクリート造のマンションを求め、快適な生活を送りたいものです。

しかし、鉄筋コンクリート造のマンションでも隣戸との界壁を鉄骨にしているものが見受けられます。

建物の荷重を減らすために界壁に鉄骨が採用されている部分で、なるべくその部分は避け、住戸の周囲の壁が全て鉄筋コンクリート造のマンションを選ぶことで、隣戸からの騒音を大幅に減らすことができます

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ