もう我慢しない!犬の鳴き声は騒音だと伝えることが大事

マンション生活で住民が一番、困っていることは騒音問題です。騒音問題でも、常に上位にランキングされているのが、ペットの鳴き声です。

特に、犬の鳴き声は飼い主にとっては、可愛いものですが、他の住人にとっては騒音でしかありません。では、その問題はどうすれば解決できるのでしょうか。

飼い主との温度差

飼い主側から判断すると、ペットは家族同様です。鳴いても可愛いと感じ、うるさいと思うことはありません。しかし、他の住人にとって、時間も考えずに泣き声が響き渡るのは、迷惑な話です。

特に犬は飼い主を見て喜んだり、散歩に連れて行ってもらえると喜んだりして吠えることも多いものです。犬の感情表現で、鳴いて嬉しいことを伝えています。

そんな犬を飼い主は、他の人に迷惑になっているかもとは、なかなか思いにくいものです。また、もし、他の住人の誰かと出会った時に、「可愛い犬ね」と声を掛けられたなら、「誰から見ても可愛い」と勘違いしてしまうかもしれません。

一人で悩まないで相談しましょう

解決策として効果を発揮するのは、マンションの管理人や管理会社に相談することでしょう。「○号室の犬が毎日、深夜まで鳴いている」と具体的な日時を伝えてみましょう。

もし、飼い主が留守の際に鳴いているのであれば、飼い主側がペットホテルに預けるなど対策をしてくれるかもしれません。

しかし、マンションがペット可だからと管理会社が介入することを避ける場合もあります。そうなれば厄介ですが、警察や保健所に連絡することになります。

うるさい程度で動いてくれるかはわかりませんが、早朝から深夜まで毎日ということになれば飼い主のしつけが不十分ということなので、注意してくれる場合があります

究極は損害賠償請求

しかし、何度注意をしても平気な顔の人も世の中にはいます。段々、こちらの体調が悪くなって睡眠不足で悩んだり、精神的な負担になってしまったりすることも考えられます。

そんな場合は、社会生活の受忍限度を超えたとして損害賠償を請求できる場合もあります。裁判で争うこともできますし、弁護士に相談するのも1つの手です。

そうまでしなくてもよいと考えるなら、匿名でポストに手紙を入れるのもよいかもしれません。「犬の鳴き声が響いて困っています。精神的に参っています。虐待も視野に入れています。」と書いてみましょう。

マンションで生活しているのですから、ある程度、騒音になっているのも気が付いているはずです。これで改善されるといいですね。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ