時間帯関係なしの騒音で不眠症に!新しいマンションへ引っ越すことを決意

性別 女性
年齢 41歳
イニシャル M.U.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 7年
構造 鉄骨構造

引っ越してから一年半たった頃に、隣の部屋に引っ越してきた隣人の騒音で不眠症になった経験があります。

最初は問題なく暮らせたマンション

都心に近い物件に住んでみたいという思いが強くなったということと、勤務地が下り電車で行けるのでラッシュにあわずに通勤できるというメリットがあったのでそのマンションに住むことを決めました。

住み始めて一年以上は特に問題もなく快適にすごせました。鉄筋コンクリート造りではないので、ちょっとした生活音が聞こえてしまうのは覚悟していましたので気にはしていませんでした。

しかし1年半たった頃に、空室だった隣にの部屋に引っ越してきた人がいました。二十歳くらいの若い男性で学生のようでした。

悪夢の騒音被害の日々が続きました

隣に引っ越してきた男性は働いていないようで、時間帯に関係なく友達をたくさん呼びよせては宴会をしていて、大勢で大声での話し声や笑い声、大きな音の音楽で毎日に近いペースで騒音をたてていました。

夜遅くに女性を連れてきては、いかかがわしい行為の声も響き渡りとても不快でストレスでした。夜中の騒音によってなかなか眠ることが出来なくなり、寝付いても騒音でたびたび目が覚めてしまうようになりました。

そういった日々が続き、なかなかまともに眠れず不眠症になってしまいました。

管理している不動産屋へ相談しました

そのマンションから歩いて行けるほどの距離に、マンションを管理している不動産屋がありましたので、騒音のひどさを訴えに行きました。

私以外にも、騒音をたてている部屋の別隣り、下の階、上の階の住民からも同じようなクレームが出ているということで、騒音をたてている男性には一カ月後に退去するように命じたということでした。

これで平和な生活が取り戻せると嬉しく思いました。

新しいマンションへ引っ越すことを決意

更新の時期が近づいていたということと、一カ月後に退去するといってもまたどんな人が新たに引っ越してくるかわかりませんでしたので、新しいマンションへ引っ越すことを決意しました。

物件を探す際の絶対条件として、鉄骨鉄筋コンクリート構造のマンションを探しました。不眠所のトラウマがあったので、どうしても防音力があるマンションに引っ越したかったのです。

家賃は高くなってしまいしたが、鉄骨鉄筋コンクリート構造のマンションへ引っ越すが出来て、無事に騒音も無く快適に暮らすことができました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ