上の階からの足音も我慢の限界に!警察へ通報後裁判へ

性別 男性
年齢 50歳
イニシャル H.K.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 20年
構造 鉄骨構造

マンションのタイプはコーポに住んでいました、入居1年後の出来事でした2階の空き室にシングルマザーお子さん、が引越ししてきたのです。

そこからがトラブル騒音に悩む日々の時間が始まります。

2F住民の引越し準備

いきなり夜の22:00頃から2Fのご自分の入居部屋へ物やダンボールを運んだり、ざわざわと階段をかける音から搬送の音など、1Fの私の部屋の窓から引越しの様子が見えたのです。

私も引越しの経験も2-3度ありますので、仕方ないかなっとその日の騒音は普通に我慢をしたのです。初日から2日かん引越しの準備騒音は続きます。

2F入居者のご挨拶

入居されて4日目に夕方に2Fの真下の私の部屋に丁寧にご挨拶に、いらっしゃったのです。夜の11:00に引越しの騒音のことも、ご挨拶も頂き忘れる感じになるのです。

今の社会で引越しのご挨拶をされる人なので普通の方なんだな、と思いその後1週間と時間は過ぎて普通の生活になります。ところが再び騒音に悩ませられます。

夜19:00ーからのドスンドスンの始まり

夕方の仕事きたくの時間からの、2F居住者の方の騒音の再はじまり、その時間帯は普通なら夕食の準備とか夕食も終わりゆっくり寛ぎTVタイム、シャワー後の一息の時間です。

すごいのですね、足音が飛んではねる音、かかとで歩くような音、普通の歩く音ではないのです。お子さんが1人いましたが、まだ3歳くらいで身体も体重もないので、お子さんが飛び跳ねる音ではないのです。

お子さんが出せる音にも限界がある音です。連続で19:00ー23:00くらいまで続きました、3日間の連続です。

我慢の末に不動産へ連絡

直に不動産へ昼間に連絡をします。不動産は少し今週ようす見て注意します。1度声をかけますってことで、その日は終わります。

我慢の末に直にクレームの声をかける

不動産へ連絡したのですが、時間差もあり、その後は連続で騒音が続き足音のドスンドスンは何なんだろう、もしかわざとなのか、私は音楽も掛けないし殆んどTVも見ないしタバコも吸わないし問題はないと思います。

こんどは鈍器、花瓶、瀬戸物を床に落すような鈍い音がドンドン、もう我慢の限界ですね、19:00と騒音のお時間に2Fへ声をおかけしたのです。

すみません、ほんとうに音が天井に響きうるさくて、埃もおちてくるし、お風呂上りだしちょっと困るんです。2Fの居住者は、その日は誤り静かにします。

すみません、直に声を掛けてみて何とか解決するかのように思いましたが、そのご3回も声をかけるに至ったのです。

2F居住者からのドンデン返し

その後は、こんどは2F入居者から不動産にクレームを、足音、普通の生活音で生活しているのに文句を言われましたなど、今度は私が立場が悪くなり不動産、離れた資産家の大家さんと揉めることにまるのです。

もう最悪事態ですね、不動産が言うことには男性が女性の宅に直に訪問はいけない、誤解も招くしとの事を言われます。しかし即対応してくれなかったのは不動産なのです。

部屋の更新は却下

建物も外はコンクリートタイルで綺麗なのですが、コーポで中が老朽化もしていて、天井の板が端から2枚はがれて、浮いてきていました、原因は2Fの騒音と振動もあり又建物の老朽化どちらかになります。

時期も更新の時期になり、不動産大家さんにも、その天井の件も連絡します。すると天井を剥がしたのは私だと言われ、もう不快で限界になります。

警察に通報後、民事裁判へ

もう更新もしないことも決定と決心、引きっ続きドスンドンは毎日夜3-4時間も続きます。ある日20:00のこと直に110番をまわし、おまわりさんを呼んだのです。

3人きて頂いて私の部屋に入ってもらい音、環境を確認してもらいました、15分ほど居ていただいたのです。するとタイミングでドン、ドスン。おまわりさんも何だ、あの鈍い音は、と直ぐ2Fへあがり、訪問と注意を20分ほどしていました、おまわりさん感謝です。

更新なし、退去時に濡れ衣の天井の損害金として敷金の返還なし

ここまできたら、民事裁判しかありませんね、小額裁判で約10,000円で出来ます。損害は100万以上、請求できます。期間は1か月で裁判は終わり、出廷は2回ほどで勝負はつきます。

自分が正しければ自信を持って向かって欲しいです。もちろん先方に余裕とお金があれば代理の弁護士が出廷します。私は個人で1人で向き合いました、でも勝利です。

賃貸トラブルで1番に大事な記録を残す

入居の再は必ず傷、破損の箇所は携帯でも写真を残しておくことです。更新まで退去まで、日付けも必須。騒音とか音の法律は難点もあるので、様子をみて警察をいれて注意をしてもらうこと、先方も毎回、おまわりさんの訪問は嫌になるでしょう、それと警察にも騒音の記録も載るし残るし、1番大事なのは、ちゃんとメモをとっておくこと記録です。

特に民事裁判はご本人の記録と写真などの証拠が勝敗になります。それと退去する時に老朽化などによる破損など診断してくれる、敷金診断士もいます。15000¥ーほどで見てもらえます。あまりにも高額な損害金、敷金などのトラブルで解決できない時に相談してみる方法もあります。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ