マンション暮らしで朝から聞こえる男性の奇声の騒音が!管理組合で調査をしようとしたけど・・・

性別 男性
年齢 65歳
イニシャル s.deさん
賃貸or分譲 分譲
築年数 35年
構造 SRC(鉄骨鉄筋コンクリート構造)

それまで長年賃貸マンションに住んでいましたが、自分の持ち家がほしくなり、中古のマンションを購入して引越ししました。

場所こそ違ったのですが、マンション暮らしという点は同じなので特別可もなく不可もなくで暮らしていました。

引越しして10年ぐらい経過したころでしょうか、朝の洗面時(私は大体5時半~6時の間)にマンション内からなのかマンション外からか分からないのですが、男性の奇声が数秒間聞こえるようになりました。

奇声は私だけ聞こえるのか

最初の内は毎日ではなく時々だったのですが、その内毎日聞こえるようになりました。数秒間ですから騒音と言うほどの事はありませんが、一体誰がどこで何の為に発生している声なのか実に気になります。

声を発生と表現しましたが、決して歌っているというようなものではなく、言ってみればターザンの叫び声のような感じです。どこから聞こえて来るのか確かめる術がないのでしばらくは様子見し、マンション管理組合の会議の際にそれとなく話題に出して聞いてみました。

すると会議に出席しているほとんどの方はやはりその声を聞いていて、しかしどこから聞こえるかは分からないが気にはあると言う方が大半でした。

自分で確かめてみよう

その場では特に不快な声でも無いので対策は決めず、しばらくは様子見をしましょうという事になりました。その後もその声はやはりほとんど決まった時間に聞こえて来るのは変わりませんでした。

気になって仕方が無い私はある日思い切ってその時間帯に外に出て見ました。するとしばらくしてやはりその声が聞こえて来ましたが、外にはそれらしい人影も何も見当たらず、どうもマンション内のどこかの部屋から聞こえて来る感じです。

しかし部屋の特定までに至りませんでした。

奇声発生元を皆で調査

更に月日が経過し再び管理組合の会議がやって来たので、私は外に出て聞いた時の事情を話し、数人の当番制で週1回調査日を設けて確かめたらどうかと提案しました。

満場一致という訳では無かったのですが一応私の提案は採択され、日程、人員配置は私に任される事になりました。満場一致で無かったのは結構お年寄りの多いマンションなので、朝早い時間外に出るのをためらった為と思われます。

いずれにしてもとにかくサイは投げられました。早速日程と人員配置を決めて住人に通知してその日が来るのを待つ事になりました。

奇声が止んでしまった

ところがその翌日から毎日聞こえていた奇声がピタリと止んで、全く聞こえなくなったのです。しかたなく調査は延期する事にしました。

その後今日に至るまで奇声は朝の時間帯もそれ以外の時間帯でも1回も聞こえておりません。聞こえなくなったのはいい事なのですが、私自身の誰がどこで何の為という疑問が全く解決しないまま我がマンションの騒音?問題は収束してしまったのです。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ