子供の足音のトラブルは避けられる?長期化する前に解決することが大事!

マンションは一戸建てと違って上下左右の部屋と隣接します。言葉は適当かどうかわかりませんが集合住宅なのです。

マンションで暮らす限り、上下左右の部屋の方とのトラブルは避けては通れません。その中でも騒音はもっとも頻繁に起こる問題です。

こういうケースで騒音トラブルは多い

上階に小学生やそれ以下の子供が、1人あるいは2人以上いるファミリー世帯が住んでいます。下の階にはそれと同じようなファミリー世帯なら、同じように物音をたて打ち消し合うような感じになります。そのためトラブルになるケースは比較的少ないです。

ところが下の階が子供さんのいない家庭ならどうでしょう。例えば子育てを卒業した家庭や、もともと子供さんのいない家庭などです。

この場合はトラブルになるケースが多くなります。下の階の方は普通に暮らしておればそれほど騒音は立てません。どちらかと言うと静かに暮らす家庭が騒音に悩まされるのです。

音というのは感じ方に個人差があります

音というのは目には見えません。騒音計で測定し無い限り、数値としての大小は分かりません。同じ音でも人によっては「うるさい!」と感じるでしょうし、逆に何も感じない人もいるでしょう。

同じ大きさの音でも日中の生活音だらけの時には気になりませんが、夜間や早朝の静かな時間帯のなると気になって仕方ありません。特に他人の発生させた音は気になるのか、過敏になってしまうことが少なくありません。もうこうなるとわずかな音でも気になり始めるのです。

小学生の足音がトラブルになるケースが多い

小学生やそれ以下の子供さんはゆっくりとは歩きません。そのため速足で歩くと走っているような感じになります。小さなお子さんでも走ると下の階に響きます。

上階に中学生、小学生、幼稚園の3人の子供さんがいるファミリー世帯が住んでいました。そして下の階には夫婦二人だけの世帯が住んでいました。下の階の方は奥様が少々神経質な感じの方でした。

もうこれだけ条件がそろえばトラブルにならないわけがありません。お互いに話し合うこともありましたが、子供のしつけが不十分だったのか、一向に改善されないまま時間が経ちました。

上階の方がとった対策はどのようなものでしょう

上の階の方はまず厚めのカーペットを敷きました。フワフワのカーペットなので消音効果は少しはあります。さらに子供たちにスリッパを履かせました。

スリッパを履いていると走りにくくなります。走るとスリッパが脱げるので、ゆっくりと歩くだろうという想定です。しかしそれまでの生活パターンがこれにより急に変わるわけがありません。

結局、対策をとっても以前と同じようにスリッパを履かずに足音を立てていたようです。

問題が長時間完結しなければ究極の結論は?

その後何度も話し合いが持たれましたが、解決には至りませんでした。下の階の方は音に悩まされ、上の階の方は下の階の方からの苦情に悩まされるという図式になってきました。

もうこうなればどちらかが出ていく以外に解決策はありません。結局、このケースでは上階のファミリー世帯が一戸建ての住居に引っ越していきました。

その後、上の階には夫婦と、小さな子供さん一人のファミリー世帯が入りましたが、下の階の方からの苦情は無いようです。最初に住んでいた方がマンション生活には不向きな方だったのでしょう。この結論のように騒音トラブルが長期化するとどちらかが出ていくという解決策しか無くなるのです。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ