マンションの子供の足音はどう防ぐ?床の防音と心理対策で苦情防止!

マンションの住人トラブルで最も多いのが、騒音によるトラブルです。そして、騒音トラブルの中でも子供の足音が原因のものは、非常に多くなります。

ハイハイからヨチヨチ歩きの乳幼児期、そしてパタパタと走り回る幼稚園や小学生になっても子供の足音は騒音になりえるのです。

そのため、マンションでのトラブルを避ける為には、1年や2年ではなく長きに渡って子供の足音対策を行う必要があります。

鉄筋コンクリートでも安心は出来ない!

木造のアパートと違って、鉄筋コンクリートで出来たマンションは、音が響かないと考えている方がいます。しかし、それがそもそも大きな間違いなのです。

いくら防音を謳ったマンションであっても、全く音が響かないという物件は無いと考えておきましょう。特に、古いマンションでは隙間が出来ているケースも多く鉄筋コンクリートのマンションでもかなり音が響く事があります。

また、大人の足音と違って子供のパタパタという独特な足音は、階下に響きやすいものなのです。ですからどんなマンションであっても、子供のいる家庭では防音対策をしっかりと行いましょう。

足音対策にはやっぱり床の防音が重要!

子供の足音には、やはり床の防音対策を考える必要があります。床への防音対策には、防音マットがオススメです。

防音機能のないただのジョイントマットではなく、必ず高い防音機能がある製品を選びましょう。防音マットは、床衝撃音を効果的に遮断してくれるので、子供の足音対策に非常に有効です。

より防音効果を高めるには、防音マットを二段重ねにしたりマットの上から更に防音機能のあるカーペットを敷いてください。

また、防音マットは、隙間が無いように敷き詰める事で衝撃音の漏れを防ぐ事が出来ますよ。

種類は様々!どんな防音マットを選ぶべき?

防音マットには、主にコルクマット・ポリエチレン素材・EVA樹脂で出来た物があります。こうした素材だけでは、防音効果の高さは分かりませんが、固すぎても柔らか過ぎても子供の足音のような衝撃音を上手く吸収する事は出来ません。

また、マットの1枚あたりの質量が重いものや厚めの方が防音効果は高い傾向にあります。もし、サンプルの取り寄せや1枚ずつマットの購入が可能なら、数種類を取り寄せ上からボールを落として衝撃音の吸収力を試してみる事をオススメします。

また、ジョイントした時に隙間が出来る様な製品もNGです。ジョイント部分が目立たず、遠目からみると1枚の大きなマットのように見える製品を選びましょう。

入居時の挨拶・防音対策の説明で苦情が激減!

騒音トラブルというのは、心理的な要因も大きく関わってくるものです。どんな人が住んでいるのか分からなかったり、相手に対しての印象が悪いと、子供の足音が更に煩わしく感じるものです。ですから入居時には、きちんと挨拶をして、子供がいる事で迷惑を掛けるかもしれないと事前に謝っておくべきです。

その上で、こうした防音対策をしていると相手にしっかりと説明をしておきましょう。

神経がピリピリしていると、些細な子供の足音であっても気になるものです。きちんと防音対策をしていると分かるだけでも、相手も精神的に安心する事が出来ますから、余計な苦情を防ぐ事が出来るでしょう。また、挨拶や防音対策の説明は、階下だけではなく上階の住人にも行ってください。子供の足音は、意外と上階にも響くものです。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ