子供が深夜1時まで走り回るマンションの上の階の騒音被害への私の対処法

性別 女性
年齢 25歳
イニシャル K.K.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 23年
構造 鉄骨

うちのマンションの上の階の住民は、真夜中に掃除機をかけます。洗濯機も回しますし、夫婦喧嘩も決まって夜中、叫び声はするし、無駄に引き戸を開け閉めするし、子供二人は夜中11時ごろから深夜1時ごろまで走り回ってうるさい状態でした。おかげで主人は睡眠障害になってしまいました。

夜間の騒音が気になって、寝付いても起きてしまい、合計4時間寝れれば良い方という異常事態に。基本は毎日2時間ほどの睡眠で自家用車を使い通勤です。送り出す私は気が気ではありませんでした。主人が無事に帰ってきて、やっと安心する日々をすごしていました。

訪ねても出てこない・警察を交えての訪問

ある日、耐えかねた主人が上の階の住人の部屋のインターホンを押しました。夜中の2時まで子供が走り回っていた日です。インターホンを押しても住人は出てきません。ノックの音も無視。

優しい主人は、「子供だけ置いて親は外出していて居ないのではないか?騒音被害の件も含めて一度警察に相談してみよう。」と110番。「緊急の事ではなく、騒音と子供のネグレクトについての相談です。」と事前に断って、警察の方に来ていただきました。

うちの部屋に入って、夜中の2時半、あまりにも騒音がひどいことに共感してくださった警察の方と一緒に、上階のインターホンを鳴らし、「警察です。」とも名乗って頂いたのですが、やはり住民は出てきませんでした。

回覧とお願い

翌日、大家さんとマンション管理会社に相談し、騒音の件を回覧で回してもらいました。

それでも改善されなかったので、主人はたまたま上階の住人(旦那さん)と偶然駐車場で会った際、相手の子育ての大変さに言及しながらも穏やかに「夜間走りまわるのだけはやめさせてほしい。11時以降うるさくなければ構わない」旨を伝えたそうです。

突然の訪問

翌日うちのインターホンが鳴り、「近く引っ越すことにしました。3週間我慢してください。」と挨拶なのかこちらのせいだと言いたいのかわかりませんが、初めての訪問を受けました。

結局それから2か月も彼らが引っ越すことは無く、やきもきしながら生活していましたが、先日やっと引っ越しが済んだようです。

静かな真夜中に安心してか、主人も朝までぐっすりと寝ることができています。生活音は仕方ないことは承知のうえで、我慢ならない騒音が異様な時間にしている場合は、自分が参ってしまわないうちにマンション管理業者に相談するか、非常事態には警察も力を貸してくれるので相談するのも一つの手です。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ