騒音を目に見える証拠で示そう!ひとりで悩まず助けを求めて!

マンションでの騒音って気になりだすと、もうそのことばかりに気を取られてしまい、イライラしてしまいます。

こっちはこんなに気分を害しているのに、音を出している側に自覚があまりないので余計に始末が悪いのが現状ではないでしょうか。

騒音の我慢できる限度はどのくらい?

日中の生活騒音はある程度、お互いさまのところがあるので目をつぶっている部分が大きいと思います。学生の単身者など生活リズムが似ていると、あまり気にならないかもしれません。

しかし、そこへ家族世帯が入っている場合は状況が一転します。子供がいる世帯とそうでない世帯、年寄り世帯など壁一枚で仕切られた空間での生活です。

必要以上の大声や、歌声など一変して騒音問題に発展する恐れが出てきます。そして、あまりにひどい子供の泣き声などは虐待を疑ってしまいます。

騒音だと感じた日時と続いた時間や音の種類などメモをとっておくと、目に見える証拠になります。音の大きさを計ってみるのも手だと思います。

苦情を言う前に、相手を観察してみる

賃貸マンションの場合、隣にどんな人が住んでいるのが知らないことってよくありますよね。今は物騒なので、余計にかかわりあいたくない人も多いと思います。

しかしどんな人が住んでいるのか、少し情報を自分なりに仕入れておくのも手のひとつです。
何歳位の人が住んでいるのか、何人で住んでいるのか、何歳位の子供がいるのかなど、ちょっとしたことでもいいのです。

そうすると騒音の始まる時刻なども考慮でき、あえて自分もその時間に出掛けるなどの対処法が取れるからです。そして隣だけでなく、周囲の方もどんな方が住んでいるのかを把握することができます。

騒音苦情は自己処理でしないで!

今までは、日中の騒音について話しましたが、問題は夜間です。寝るようになってからの騒音は本当に腹が立ちます。しかしその騒音が、たまのことなら皆さん目をつぶっているのではないでしょうか。

ただあまりひどい場合は、対策を取られた方がいいと思います。しかし自分で直接言える場合はいいのですが、それはほとんどないと考えます。これから先のことを考えるとできないといったところが本音ではないでしょうか。

その場合、マンションの管理会社に相談してみるのはいかがでしょうか。管理会社も行動は起こしてくれます。当人にも注意を何度もしてもらいましたが、改善されない場合は立ち退きも視野に入れてもらえます。

ただその場合、一世帯の苦情では弱い場合もあります。そんな時は、苦情ばかりではなく周囲の様子も確認してもらうよう管理会社に働きかけてみるのも重要です。

苦情を聞き入れない人はあちこちで迷惑をかけています

しかし当人は自覚がなく、管理会社の忠告に全く応じる気配がない場合もあります。そんな時に、ホームパーティーをしているようでひどい騒音が起こりました。

我慢の度が超えてしまった場合、警察へ電話するしかないです。
警察は管理会社にも連絡を入れます。そんな時は警察への苦情も何件も寄せられていると聞きます。

騒音のひどい人はあちこちに迷惑をかけています。訴訟に発展した時は、日頃の騒音を記録したメモが役に立ってきます。ひとりで悩まず、騒音の我慢レベルに応じて毅然とした態度で挑むことも時には必要ではないかと考えます。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ