ペットの騒音など当事者は気が付かない!話し合いで解決へ!

性別 女性
年齢 54歳
イニシャル N.A.さん
賃貸or分譲 分譲
築年数 28年
構造 SRC(鉄骨鉄筋コンクリート構造)

下の階の方が引っ越してきてから、騒音で夜眠れなくなりました。うちの家族がこのマンションに引っ越してきた時、下階はシニアのご夫婦が社宅として住まわれていました。

1年ほどして、引っ越しをされた後、そのお部屋が売りに出され、購入された方が住まわれてから、数々の騒音に悩まされるようになりました。

よく、上階の方の足音などの騒音問題はよくきくのですが、下から聞こえるものもあるのです。

ワンちゃんがきた

このマンションはうちが購入したときの重要事項説明書には、小動物のみ可能ということで、犬猫はだめだと説明を受けていました。ところが、以前から住まわれている方の中には、室内犬や猫を飼われていることがわかりました。

ただ、鳴き声など、ほとんどわからなかったので、管理会社に確認することもありませんでした。ところが、下の階から、中型犬の姿をベランダで見かけるようになりました。

どうやら2匹飼っているようで、ベランダに出されるので、外で散歩中の犬を見ると吠えるようで、鳴き声が頻繁に聞こえるようになりました。

まあ、うちも子供が3人いるし、お互い様かなと思って黙っていました。

夜中に泣き続けた

下の階の方は、ご夫婦ですが、奥様はもとのマンションにいるようで、ご主人が一人でワンちゃんと住んでいるようでした。お酒が大好きな方で、夕方になると、近くの焼き鳥屋に飲みにでかけ、ぐでんぐでんになるまで飲んで帰ってこられるようでした。

ある夜、10時過ぎから、ワンちゃんが鳴き始めました。下の階の方が、外に飲みに出かけてさびしくて泣くようで、この方が帰ってくるまでの午前3時頃まで鳴き続けました。

うちのマンションの近くは、夜間はとても静かです。初夏だったので、窓を開けられていたのでしょう。町内会中に響き渡る鳴き声でした。

そして、さらに悪いことに、近隣に住むワンちゃんたちが、その鳴き声に呼応し、あっちからもこっちからも吠え始めました。でも、最初は、下の階の住人の方は、『うちのワンちゃんは鳴かない』と言って信じようとしませんでした。

アンプのような振動音がしてきた

犬のことは、管理人さんに苦情を言って、夜窓を閉めてほしいとお願いしました。しかし、すぐにはなかなか収まらなかったのですが、今度は夜中に変な重低音の振動がするようになりました。

この音は下の階のその下の階の方も悩まされ、『ステレオのような音』がすると、管理会社を通して苦情を入れられてました。私も、この振動が睡眠障害を起こしたので、下階の方にお話ししたところ、思い当たることがあったようで、その日以来その振動音はなくなりました。

話し合うことで解決しました

今はとても静かな生活に戻りました。下の階の方は、この部屋を購入するとき、ペット可と不動産会社から言われたそうです。一度、外出から帰られたときに、鳴いているのを聞いて、自分ちのワンちゃんが鳴くことがわかったようです。

今も飼われていますが、鳴き声は聞こえません。今は奥様が一人でワンちゃんと住まわれているようです。そう、ご主人は亡くなられたようでした。ワンちゃんはご主人が飲みにいくのがさびしかったのです。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ