定期的な大音量が!便利な場所のマンションはイベントが出す音に注意!

性別 男性
年齢 32歳
イニシャル takeさん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 11年
構造 SRC(鉄骨鉄筋コンクリート構造)

繁華街でしかも駅の直ぐそばのマンションは、行動を起こす際に何かと便利です。

また、知名度のある繁華街に立地すれば、アドレスにも箔が付くと考え、通常の住宅街より賃料が高めに設定されていることは負担ですが、それを補って余りあるメリットがあると思い入居を決めました。

しかし、入居から1年が経ち、2年が経ってみると、さまざまな音に悩まされることになりました。繁華街ならではの音には十分注意が必要です。

ターミナル駅が最寄になる利便性は大きい

私は運転免許証は持っていますが、クルマは持っていません。ですから、日常の移動は何らかの交通機関に頼ることになります。中でも時間に正確な鉄道は、最も便利であり運賃の面からもリーズナブルです。しかも、ターミナル駅であれば終電も遅く、タクシーを利用する必要もありません。

それでターミナル駅至近のマンションに住むことにしたのです。繁華街ですから窓を開けていると、雑踏が耳に入ることもありましたが、それなんかはむしろ都市の鼓動のようにも思え、気になることもありませんでした。

イベントにまつわる騒音は無礼講

マンションのエントランスを一歩出ると、ターミナル駅至近の繁華街だけのことはあって、人々の流れは途切れることはありませんでした。しかし、その流れを作り出し、さらに集客力を高める手立てとして、ほぼ月に一回のペースでイベントが催されていることには、入居するまで気が付きませんでした。

また、イベントにはコバンザメ的に宣伝行為を行う団体も擦り寄って来ます。その多くはスピーカーの音量を目一杯上げて肉声やテープの声を垂れ流して来ます。

年年歳歳イベントは繰り返される

最初の1年はそうしたイベントが物珍しくもありまた、時にはメディアに取り上げられるような、有名なイベントが直ぐ近くで行われていることには、プライドを感じさせてくれもしました。

ところが、2年目ともなるとほとんどすべてのイベントは、単調な繰り返しでしかないことに気が付きました。もはや物珍しさも無くなってみると、イベントに伴う音は、騒音でしかなくなり、ついには苦痛になり、とりわけ大きなイベントの際は逃げ出すこともありました。

相手がイベントでは手の打ちようがない

残念なことに、自室のサッシュは二重ではありませんでした。きちんとロックをかけても音は容赦なく飛び込んで来ました。厚手のカーテンを引けばそれなりに緩和しましたが、イベントは基本的に日中ですから、昼間からカーテンを引く気にはなれません。

主催者に文句を言うわけにも行かず、まして管理組合に訴えても仕方ありません。結局、利便性の高い繁華街を選んだ時点で、こうした騒音にまで気が廻らなかった自分に、落ち度があったと言えば言えます。2回目の契約更新を前に、このマンションは引き払い、静かな場所に移りました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ