足音のマンション騒音は解決できる?管理組合を介しての話し合いがベスト!

性別 男性
年齢 65歳
イニシャル F.M.さん
賃貸or分譲 分譲
築年数 32年
構造 RC(鉄筋コンクリート構造)

上階のリフォーム工事が始まることをポストに投函された案内分で知りました。数か月前に引っ越して行った人の後に新しい入居者が決まったようでした。

数日して、工事の方が作業時間や作業日の説明にこられ、当方はお互い様ですから、と快く承諾。数日間は何かを壊す音や電気ドリル音がしていましたが、仕方がないことと我慢我慢。

工事が終わって、週末には入居されてきて、何やらものを引きずる音がしていましたが、何か音の聞こえ方が違う。疑問に思いながらも数日が過ぎて、その異常な音の原因に気づきました。

騒音の原因は上階の床の仕様変更だった

直接的な騒音の元は足音だったのです。しかし何故、前の入居者の時には聞こえなかったのに新しい入居者で聞こえるようになったのかが不明です。

仕方なく、管理組合を通して入居者の方にも立ち会ってもらい騒音を確認してもらいました。その入居者の方に聞くと、リフォームで1室をサンルームにするため木製の床組みを撤去し、タイルを床のコンクリートに直貼りにしたとのことでした。

それが今まで聞こえなかった歩行音が響くように聞こえるようになった原因です。管理組合の規約ではリフォームの際は、床は防振・防音性能を持った仕上げとする、とあるのですが無視したのか気づかなかったのか、いずれにしても後の祭りです。

解決は管理組合を介して

管理組合、新しい入居者の方、そして当方とで話し合いを行い、とりあえずの対策として床にマットを敷くとともに、クッション性の高いスリッパを使用してもらうこととしました。

また後日にリフォームを行った業者とも相談しますとのことでした。数週間して、その入居者の方と業者が説明にこられました。解決方法は、新しく貼ったタイルは撤去せず、その上に断熱材を貼りその上にさらにタイルを貼るとのことでしたが、当方としてはそれで騒音がなくなるものかどうかはわかりません。

当方の希望は騒音さえなくしてくれればいいので、その方法はお任せします、と回答しました。ただし、もし騒音が変わらないようであれば、再度なんらかの方法をお願いしますと伝え、第三者の管理組合の方に証人になってもらいました。

騒音の改修工事は1日で終わったようですが、幸いにして騒音はほとんど聞こえなくなりました。しかし、上階のサンルームの床はリフォーム前の床高さになり、その方は最初から元の床にタイルを貼れば良かった、と愚痴っていました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ