思いがけず悩まされた騒音!管理会社を巻き込んで毅然と対応

性別 女性
年齢 36歳
イニシャル Y.T.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 新築
構造 RC(鉄筋コンクリート構造)

私が新築の賃貸マンションに住んでいた時の話です。思いがけず、騒音に悩まされた体験談です。

引っ越した当時は静かだった

職場から近いマンションの内覧会があり、出かける事にしました。新築で大手建築会社の手がけたマンションで、内装も真っ白で美しく、大人むけのオシャレな部屋でした。説明では、騒音も伝わりにくく、住みやすいとの事。当時住んでいたアパートの上下階の騒音が酷かったので、嬉しい情報でした。

少々高い家賃でしたが、主人と相談してそこを契約する事にしました。私達が契約したころには、もう全ての部屋がうまっており、2LDKのそのマンションは、夫婦二人世帯が目立ちました。

住んでみると、説明の通り、まったくの無音状態。子供連れの世帯が少ないため、騒音を出す人も少なったのかもしれません。

一回目の騒音

私は当時、ハードな仕事をしていて、休日は土曜日の午後と日曜日。一週間働いた、土曜日の午後はクタクタで、私は昼寝をするのが習慣でした。

いつものように、昼食後に昼寝を始めて、気持ちよく寝入ったその時。「バシーン!バシーン!」壁に何かが激突するような音で目が覚めました。

私は驚いて、外を除いてみました。すると、小学生低学年くらいの子供がマンションの壁に向かってボールを蹴っていました。私は、しばらく我慢していましたが、とても昼寝を続けられる状態ではなく、その子供に注意する事にしました。

「うるさいから静かにしてね」

子供は黙って、私を見つめると、逃げるようにその場を走りさりました。マンションのすぐ裏に公園があったので、そこへ向かったようでした。

二回目の騒音

一週間後、昼寝中に再びあの騒音が…・カーテンをそっとめくって見ると、またあの子供が同じように、ボールを蹴っていました。

私は再び子供に注意をして、今度は管理会社へも電話する事にしました。管理会社からは、すぐに対処する、との返答を貰いました。

その週の半ば、管理会社から各家庭にお知らせの紙がポスティングしてありました。「騒音のご注意」という内容のお知らせで、私はホッとしました。

三回目の騒音

しかし、ポスティングがしてあった、その週…。ふたたび、昼寝中にあの騒音が…。「バシーン!バシーン!」

三回目ともなると、親が知らないから注意しないのだろう。と私は考えました。いくらお知らせの紙が入っていても、親がわが子だという認識がなければ、効果なんてあるはずありません。

子供の数が少ないマンションだったので、どの部屋の子か検討はついていました。もう名指しで注意しか思いつきませんでした。

再び管理会社へ電話して、お願いしました。「○○番の部屋のお子さんが、またボールで遊んで、壁にボールが激突する音が響いています。今すぐ、その部屋の親御さんに電話連絡して直接注意してください。チラシくらいでは効果がありません。」

しばらくすると、親御さんがマンションから出てきて、公園へ連れていくのが見えました。

その後のこと

一度親御さんが注意してくれると、その子供は二度とマンションの敷地内でボール遊びをする事はありませんでした。やはり管理会社が直接の対処をしてくれた事が効果的だったようです。始めからそうすれば良かったのですが、最初に自分で直接子供へ注意したため、管理会社へ言ったのが私だと検討つけられるのが嫌でした。

しかし、特に近所トラブルにもならず、現在に至ります。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ