大音量のスピーカー音の騒音!でも警察も親身になってくれます!

性別 女性
年齢 30歳
イニシャル T.K.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 22年
構造 鉄骨構造

家賃が安い事もあり、様々な層の住人の方が居るうちのマンションですが、住み始めてからすぐに1人厄介な住人が居るのに気付きました。

騒音の種類としては「爆音で外まで聞こえるTVの音量」「楽器をアンプスピーカーに繋いでの演奏」です。今回はその住人の方へのトラブルについて、行った対処方法も交えて紹介したいと思います。

まずは騒音の出どころを探しましょう!

騒音問題で重要なのが、どこの住人が騒音の原因なのかがピンポイントで分かっていなければならない事です。ただ漠然と「上の階のどこか…」や「両隣のどちらか…」では、後々の対処に困ることも。

やはり、騒音を何とかしたい!と強い気持ちがあるのなら『外に出て電気の明かりを確認して在宅を確かめる』『騒音の元かもしれない玄関ドアまで耳を立てて聞いてみる』などの行動は済ませておきましょう。

○○号室まで分かれば後はこちらが行動するのみです!

管理会社は念の為。やはり直接の訴えかけは効果あり!

上記の方法で号室が分かれば、管理会社にも相談はしやすいです。しかし、管理会社がしてくれる事と言えば、直接住人の方に電話が行くか、マンション共用部に貼り紙をしてくれる事くらいです。

どちらも効果のある相手なら良いのですが、今回の相手には効き目はゼロでした。管理会社からの電話にキチンと出なければ用件も分かりませんし、共用部の貼り紙ももちろんキチンと目を通し尚且つ騒音を起こしてはいけないなと自ら改心しなければならないのですから難しい話です。

ですので管理会社への連絡は一応という形にしておき、自分で行動を起こした方が騒音相手には伝わります。もちろん更なるトラブルにも発展し兼ねませんので細心の注意が必要です。

直接インターホンを鳴らすのは、顔が割れて怖い、逆恨みされたらどうしようと考えてしまいますよね。一番良い方法は匿名での手紙がオススメです。

「テレビやオーディオの音量が大きく騒音で迷惑しています。今後、改善が見られなければ警察への相談も視野に入れています」と、警察の名前を書く事で相手も改心するのではないかとそのような文面を投函しました。

大体はこちらの方法で幾分良くなるはずです。

それでもダメなら最終手段は警察に相談!

全てを無視され、一向に改善が見られなく寧ろ以前よりも大音量で音楽を流すようになったので最終手段を取りました。近くの交番に連絡を取り騒音の相談をしたのです。

この時も、調べた号室を伝える事でスムーズに騒音相手の部屋まで警察が辿り着く事ができます。マンション中だけで無く、町内中に鳴り響く音量でしたので止む無く通報することに。

警察の方も「たかが騒音か」と言う事なく親身になって相談に乗ってくれました。号室を言うと直接インターホンを鳴らして話してくれます。

さすがに警察が来たのには驚いたのか、すぐに音は小さくなりましたよ。なかなか難しい相手でしたが、手を替え品を替えで色々な方法を考えればいずれかがヒットするものです。今回ご紹介した方法が騒音被害に遭われている方のお役に立てればと願っています。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ