夜になると聞こえる上階の足音が!眠れない夜をどう乗り越えるか?

性別 女性
年齢 38歳
イニシャル M.G.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 5年
構造 RC(鉄筋コンクリート構造)

私が以前住んでいたマンションは、築5年のまだ新しい20階建てのマンションでした。

頑丈な鉄筋コンクリート造りという事もあり、隣接住居の生活音が気になる事もないだろうと期待して住み始めたのですが、いざ新生活が始まってみるとその期待はあっさりと裏切られたのでした。

初めはほんの些細な事と気にしないようにしていたけれど、小さなストレスは日増しにどんどん大きくなっていったのです。

引越した日から聞こえてきたその音

初めにその音に気付いたのは引越しをして来た日の事、夜ベッドに入って目を閉じた時でした。

上階から「パタパタ」と誰かがスリッパのような物を履いて歩くような音がするのです。またそれに混じって時々「コツコツ」とヒールのある靴で歩くような音も聞こえます。初めのうちは「ああ、上の人はまだ起きているんだなあ。まだ夜の10時だもんなあ」くらいに思っていたのですが、その日その足音は何時になってもやまず、朝方になるまでずっと続いていました。

おかげで引越し作業でクタクタだったというのにぐっすり眠れず、疲れを残したまま朝を迎える事になったのでした。

1日目だけではなかったその音

「上の人は昨夜いったい何をしていたんだろう」「友達を集めてパーティでもしていたんだろうか」と考えながら引越しの片付けをして「今日こそはゆっくり眠ろう」と早々にベッドに入った2日目の夜。

眠りに落ちて少しした頃、昨夜と同じ上階からの足音で私は目を覚ましました。時計を見ると夜の10時30分。そのままじっと様子を伺っていると、やはり今日も「パタパタ」と「コツコツ」の連続です。

大きな音ではないけれど、ずっと鳴り続けるその音を「気にしないようにしよう」と思えば思うほど、反対に耳を澄まして聞いてしまうような負のループにハマってしまって、眠るどころではなくなってしまったのでした。

その音に振り回される日々

3日目も4日目も、一週間しても、ずっと続く夜の足音。すっかり寝不足になってしまった私は、日中も注意力散漫になり訳もなく常にイライラ。眠る時に布団を被ってみたり、耳栓をしてみたり、ベッドのある部屋の位置が悪いのかと眠る部屋を変えてみたり…。

あれこれ試してみるものの大した効果はなく、イライラする気持ちだけがどんどん膨み、そのうち上階で足音を立てる人物に対して憎悪の念まで感じるようになりました。「夜の間中スリッパだか靴だかを履いて歩き回って、いったい上では何をしているんだ!」と常にそればかり考えてしまって、見ず知らずの上階の住人に振り回されている自分をバカバカしく思うのに、考える事をやめられない。そんな最悪な日々でした。

管理事務所へ苦情を言う

毎日毎日夜の眠りを妨げられる事に耐えられるわけもなく、我慢の限界はあっという間に来ました。引っ越して2週間が過ぎても相変わらずあの夜の足音はやむ事がなかったため、管理事務所へ苦情を伝える事に。

するとその翌日の夜、10時を過ぎると始まるあの足音が聞こえません。「もっと早く苦情を言えば良かった」と思いつつ、大喜びで目を閉じて久し振りに静まり返った部屋でほっとして眠りについたのでした。

ところが、それからまた2日経った日の夜、同じようにあの足音が聞こえて来たのです。一度大喜びした後だったから、その時の落胆した気持ちと言ったらそれまで味わった事がないほどのものでした。

引越してきっぱり忘れる

一度やんだと思った音が聞こえるようになって、再び我慢の夜。あまりに頭に来たので今度は3日と待たず管理事務所へ連絡しましたが、管理事務所から上階の住人に注意を促したと思われる日から2?

3日は音がやむものの、少しすると元通り。どういう神経をしているのか、まったく話が通じない様子です。そんな事を何度も繰り返しているとこちらはもう頭がおかしくなりそうでした。

日常生活にも支障を来すくらい精神的にやられてしまったので、結局引越しから3か月でそのマンションを出る事にしました。余計なお金や手間がかかってしまったけれど、その不可解な行動をする上階の住人に文句を言って何か大きなトラブルになってしまうのも嫌だったので、もうこの事はきっぱり忘れる事にしました。

一つの経験として、今後また引越しをする時の家選びに生かせればいいなと思っています。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ