言い方しだいで相手は動く!騒音時の苦情の言い方に気をつけよう!

生活していて気になることの1つが騒音です。

特にマンションに生活していると、隣や上下階の住民から出る騒音は付きものと言えます。

お隣さんが弾く楽器の音が大きくて眠れない、上の階の足音がうるさい、こんなときどうしてますか?

「苦情を言いたいけど、今後の付き合いのことを考えるとはっきり言えない」と悩む方も多いでしょう。そこで人を動かす苦情の言い方のコツをご紹介します。

感情のままに苦情を言わない

重要なポイントの1つは、怒りの感情に動かされて苦情を言わないことです。なぜこのことが大切なのでしょうか?人は怒りに対して怒りで対応することがあるからです。

騒音を受ける側が、どれだけ怒っているかを伝えることは、相手を動かすことになりません。忘れてはいけないのは、解決すべき問題は騒音をやめてもらうことであって、こちらの怒りをぶつけることではありません。

確かに腹立たしい気持ちはわかりますが、ぜひとも感情的にならずに理性的に話し合うように努めましょう。

柔よく剛を制す

子供を叱るときに、父親が怒鳴りつけても効き目がなかったのに、母親が優しく接することで子供の心が動くことがあります。

「柔よく剛を制す」です。これは弱く見える者が強い者を負かすことを表した言葉です。これを苦情を言う際にもあてはめてみましょう。優しい親切な言い方をするのです。相手がどれだけ不快なことをしているのか、迷惑な行為ばかりを指摘するのは避けましょう。

そうではなくて、騒音によって受けているこちらの心情を主に話すのです。そうすることで、相手に不愉快な思いをさせずにこちらの気持ちを伝えることができます。

普段から良い関係を築いておく

苦情の言い方で悩むことを踏まえて、普段から隣人と良い関係を築くようにしましょう。良い関係があれば、騒音があったときに気軽に伝えることができます。日常のさりげない会話の中で伝えることで、問題が大きくならずにすみます。

またお互いに信頼関係があれば許すことも容易です。マンションの階段や踊り場ですれ違うときに、挨拶をしたり少し会話をしたりして、日ごろから良い関係を保つように心がけましょう。

まとめ

苦情を上手に伝えることができれば、それだけ早く問題を解決できます。怒りの感情を爆発させずに、冷静に親切な言い方で近づいてみましょう。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ