マンションの騒音トラブル!どうやって苦情を申し立てる?

騒音問題と言えばマンションのトラブルでも代表的なものですね。

集合住宅に住む以上ある程度の生活音は致し方が無いところもあるのですが、どうしても我慢が出来ないという場合、どのように苦情の申し立てをすれば良いのでしょうか。

本当に騒音?確認してみよう

一般的に騒音と見なされないような音に対して苦情を申し立てても受け入れてもらえる可能性は高くありません。

最近はスマートフォンのアプリなどでも簡単に音量を計測できるものがありますので、どれくらいの音量が出ているのかを確認してみましょう。生活音などに関する法的な規制はありませんが、環境省の「騒音に係る環境基準について」などと照らし合わせて見ましょう。

ここで定められている基準値以下の音量であれば、苦情を申し立てても成果はないかもしれません。苦情を出すか、防音に努めるか十分に考慮した方が良いでしょう。

誰に苦情を申し立てる?

騒音を出している人を良く知らない場合、マンションの管理組合に相談する事をお薦めします。賃貸の場合は管理会社か大家が直接管理をしている場合は大家に相談しましょう。

直接苦情を言った場合、相手によっては逆ギレしたりする可能性もありますし、これからも同じ建物で暮らしていくからにはなるべく関係性を悪くしないにこした事はありません。

もしどうしても本人に直接言いたいという場合は苦情ではなく、音が気になるという事をさりげなく伝えるくらいにした方が良いでしょう。

苦情を申し立てる時の注意事項

苦情を申し立てる時に一番大切なことは感情的にならない事です。

管理組合や管理会社に苦情を言う時には、こちらの味方になってもらわなければいけません。感情的に怒鳴ったり、相手を非難したりすると心象が悪くなってしまいます。それから謝罪を求めない事。

謝罪を求めると相手が意固地なったり、謝罪をした事で問題が解決したと考えてしまう事もあります。イライラしているとつい感情論に走りがちですが、あくまでも目的は騒音を抑えてもらう事というのを忘れないようにしましょう。

苦情を言う場合、直接怒鳴り込む、いきなり弁護士や警察に相談するなどの極端な行動を取ると、場合によってはこちらが悪質なクレーマーと取られてしまうこともあり得ます。

まずは冷静になってから苦情の申し立てを行いましょう。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ