思春期の子どもと親の壮絶親子喧嘩が!入居から数年後にはじまった超迷惑騒音

性別 男性
年齢 25歳
イニシャル I.H.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 23年
構造 鉄骨構造

そのマンションは築年数は20年程と少し古めの物件でありましたが、交通アクセスの良さや家賃の割に清潔感がある物件で、何も問題はないと思い入居しました。

しかし、家賃が安くて、利便性があり、清潔感もある。

そんな物件は子育て世帯からの人気も高かったようで、入居してすぐにマンション全体の入居者の半分以上が子育て世帯であることがわかったのです。

成長につれて騒音源となる子供

入居当初は特に騒音を感じることもありませんでした。

しかし入居して数年が経った頃、入居当時は小学生くらいのお子さんが中学生くらいになった下の家から、夜遅くにステレオの音楽のような音が毎晩聞こえてくるようになったのです。

そこのお家は親御さんは夜勤の仕事をしていることが多いようで、夜は大人は家にほとんどいないのだと近所の方から伺いました。そのためなのか、中学生くらいになっていたその家の子どもは、夜遅くだろうと平気で大音量でコンポで音楽を流しているようなのです。

音楽は特に重低音がよく響き、耳につくものでした。かと言って、直接注意するのも角が立ちそうで、仕方なく我慢することにしていましたが、その音楽が流れている時間は日に日に遅い時間へと延びていくようになりました。

今度は親子で騒音になる

夜中までコンポで音楽を聞いている子どもの家の騒音は収まる気配がありませんでしたが、ある日それが転換する出来事が起こりました。突然そこの家の親御さんが夜に帰ってきたのです。

その時もコンポの音は大きく垂れ流し状態。親御さんが注意をしたのか、それ以来コンポの音は滅多に聞くことはなくなりました。しかし今度は別の騒音が同じ場所から発生することになりました。

それ以来、勤務時間が変わったのかその家の親御さんは夜10時くらいには帰宅するようになったのですが、帰ってくると親子喧嘩を始めるようになってしまったのです。ドアを勢い良く閉めて、わざと足音を響かせてドスドスと威嚇するように早足で歩き回る音が、上の階に住んでいても毎晩はっきりと聞こえてきました。

怒鳴り合う声も聞こえるようになり、はっきり言って以前のコンポの方がマシだと思えるほどの騒音が今度ははじまってしまったのです。

エスカレートする行動に住民は手出しできません

日に日に激しさを増していく親子喧嘩騒音。

段々と内容も悪化し、どちらかが相手をベランダや玄関から締め出して鍵をかけたりしていたようで、「開けろ!開けろ!」とマンションの廊下やベランダで大声で叫んだり、鍵のかかったドアに体当たりする振動などが響いてきました。

どれも時間は親の帰宅後の夜10時過ぎから。我が家は朝が早いのでそろそろ寝る準備を、と思っている時間帯にこの騒音はほとほと困り果てました。しかしあれだけ激しくやりあっているところに注意をするのは怖いですし、喧嘩が始まる前に寝るなどの手段を講じてみましたが、それでも真夜中にドアが叩きつけられるような音で起こされたりと、我慢も限界。

管理人さんに相談すると張り紙などで注意を促してくれましたが、それもなしのつぶて。どうしたらいいかわからず、知人に愚痴っていると「警察に相談したらいい。」というアドバイスを貰ったのです。

最終的には警察の生活安全課に相談

最初はこんな住民間のトラブルに警察は介入してくれないだろうと思っていましたが、生活安全課というところに相談して、親子喧嘩らしいのだが内容が常軌を異していていて、周囲にも迷惑をかけているレベルだということを告げれば取り合ってくれるはずだという知人のアドバイスを受けて、思い切って相談。

回答はその時間帯に周辺を見回りするなどして、締め出されている子どもなどの声が聞こえたら、警察からお家に事情を聞くなどしてくれるとのこと。それからしばらくは騒音は続きましたが、ある日からピタリと止みました。

締め出しなども全くなくなり、時々言い争うような声は聞こえてきますが、以前よりはぐっと快適になったと言えるほど。ヒートアップしてるところに外から誰かが見ているという事実を示唆するだけで、案外人は我に帰るのかもしれません。

こんな解決の仕方もあるのかと勉強になった出来事でした。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ