子供へのしつけ・お仕置きがマンションでの騒音問題に?

性別 女性
年齢 59歳
イニシャル NA.Jさん
賃貸or分譲 分譲
築年数 17年
構造 SRC

幼い子どもが聞き分けが無い時に手を焼くのは分かりますが、たとえ愛情からのしつけであってもやって良いことと悪いことがあります。

明らかに親がヒステリーを起こしていると、色々な状況がわからなくなりがちです。特にマンションの場合は集合住宅特有の危険や近所迷惑もあります。住んでいる場所によって親御さんも考えなくてはなりません。

聞き分けの無い子供にお母さんがイライラして

階下の住人は何度か入れ替わっていますが、今回は3歳の女児とまだ1歳にもならない男児の2人のお子さんを持つ若夫婦でした。

幼い子ども二人の育児は私も経験がありますが、確かに大変です。特に3歳くらいは反抗期でもあり、自己主張も増えるので手を焼きます。思い通りにならない子どもにイライラしてカッとなる親の気持ちは十分理解できます。

でも、感情のままにお仕置きをすると、マンションの場合は棟全体を巻き込んだ大迷惑となることもあります。

泣き叫ぶ声でストレスに

我が家はすぐ上に住んでいるため、普段から子どもが走り回る音も響いていました。時には深夜や早朝ということもありましたが、私の子どもたちが小さかった頃のことを思いお互い様と割り切っていました。

割り切れないのは子どもの泣き叫ぶ声で、聞き分けが無いと玄関から締め出すというお仕置きをするのです。それは延々と続き、その間ずっと悲鳴の様な鳴き声が響き亘ります。甲高い鳴き声は、同じ音量でも笑い声や話し声よりもストレスを感じます。

うるささと心配でさらにストレスが

さらにストレスに拍車をかけるのが危険を伴うことです。まだ足元も覚束ない年頃の子どもが階段を大泣きしながら上り下りします。そのうちに何階にいるのか分からなくなり、たまたま鍵を掛けていなかった我が家のドアを開けたこともあります。

マンションの玄関ドアは天候によっては風圧で大人でも驚くほどバタンと閉まることがあるので、指を挟んだら、それがたまたまうちのドアだったらと思うと冷や汗が出ました。半分這うようにして上り下りしている階段からの転落も心配です。

管理組合からの申し入れで

一軒家とは異なり、玄関前や階段室での物音は全ての住居に響きます。ストレスを感じていたのは我が家だけでなく、お仕置きの危険性は他の住人も心配していました。

その結果、私より先に他の方が管理組合に相談し、理事が直接面談して注意を促しました。それ以後は締め出しは無くなりほっとしています。

しつけは大切ですが、まずは子どもの身に危険が及んでは何にもなりません。さらにマンションの場合は、思いの外音が響くこともしっかり認識する必要があります。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ