会話内容が気になる話し声!騒音の原因は築年数よりも住人の年齢層!

性別 女性
年齢 32歳
イニシャル T.I.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 33年
構造 鉄骨構造

異動の辞令が出て住まいから遠くなったので、最寄り駅と新しい職場との中間あたりに部屋を探しました。

残業がほぼ毎日あり平日の日中は家で過ごすことはまずないので、マンションの新しさや広さは求めずに家賃約5万円の部屋に引っ越しました。

引っ越した当初は騒音を気にする余裕もない日々

3月末に引っ越し4月から職場で1日12時間近く過ごす勤務が続き、他の部屋からの騒音を気にする余裕もなく寝るだけの場所でした。

夜遅くに帰ってきてシャワー音が響いていないかと自分の出す騒音が気になるくらいでした。

早朝から大声が聞こえる

5月のゴールデンウィークを過ぎた頃にやっと落ち着き、7時半頃に起床する生活スタイルになりました。

しかしまだ暗い早朝5時頃から怒鳴り声が聞こえることに気づき、夫婦喧嘩している様子でした。管理会社に問い合わせると騒音を出しているのは同じ階の2部屋隣りの80代の老夫婦でした。

大きな声を出すのは夫婦ともに耳が遠いからという原因でした。夫の方が職人をしていたので口が悪く以前もそのような問い合わせがあったとのことでした。

話し声だから会話の内容が無意識に気になる

とても大きな声で早朝から「やかましいわ!」、「やめてよ!」と聞こえてくると何があったのかと気になります。

「こういったじゃない!」などと会話の内容を無意識に効いてしまい、気になってくることがとても不快でした。管理会社に聞いたときに「同じように思っている人がいるのではないですか?」と聞くとマンション全体の6割が高齢者で耳が遠い方も多く、現在問い合わせたのは私だけということでした。

問い合わせ時に管理会社から老夫婦に注意してくれるとも言っていましたが、「身体に関わることなのであまり強くは言えないですよ」と言われていました。

隣に引っ越してきたら会話が聞こえにくくなった

実は老夫婦の怒鳴り声が聞こえているときは、隣の部屋が空室でした。

私には音が響く構造がよくわからないのですが、隣が無音の空間となっていたことも騒音が伝わりやすくなっていたようです。7月のはじめに新婚夫婦が引っ越してきたら、なぜか騒音が聞き取りにくくなりました。

もちろん隣の部屋の話し声やお風呂などの水を使う音は聞こえますが、様々な音が交わり気にならなくなったのかもしれません。また、老夫婦の元に子どもさんが来られたときにさりげなく「お話されている声がよく聞こえてきます」と伝えていました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ