目覚ましの音でクマだらけ!我慢の限界が来て口頭注意!

性別 女性
年齢 35歳
イニシャル S.O.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 4年
構造 鉄骨構造

私がマンションに引っ越したのは友達が「すごく良いマンションだから」と私に紹介してきたからでした。その時、引越しを考えていてそのことを話したら友達が住んでいた部屋を紹介されました。

仕事の都合で引っ越すけど良いマンションだからと紹介されたのです。案内されて行ってみたら本当にいいところでほのぼのできました。ご近所さんも感じが良さそうで警備システムも安心だったので、このマンションに住むことに決めました。

引越し当初は平穏だった!

引越してからすぐに騒音問題が起こったわけではありません。住み始めて最初の方がまったり過ごせていました。

隣の部屋は大人しめの学生が住んでいてその時は何もなかったのです。ただ3月に隣の住人が出ていて別の人が入居しました。この人が騒音の主です。相手は社会人になったばかりという感じの女性でした。

別に入居してきたときの印象は悪くなかったです。きちんと引越しの挨拶に来てくれたし、感じが良いなと思いました。

隣人の目覚ましの音に跳び起きる毎日

しかし次の日から私の地獄は始まりました。

彼女のおかげで私はいつも朝悩まされました。悩みの原因は彼女の部屋の「目覚まし時計」です。どうやらこの人は朝が本当に弱いみたいで、一番音が大きいという目覚まし時計を購入したらしいです。

それでも寝起きが悪いみたいで、目覚まし鳴ってからすぐには起きてくれないのです。この寝ぎたなさのおかげで私は毎日のように隣人の目覚ましの音に跳び起きる生活を過ごしました。

隣人が目が覚めるまでずっと大音量の目覚まし時計の音を聞いていないといけないのです。段々とストレスが溜まって我慢の限界に近づいて行ったのです。

我慢の限界が来て会社に行く前に捕まえて注意!

数か月経ってある日、隣人の目覚まし時計にいつものごとく跳び起きて、私は嫌な目覚めをしました。

このとき私の目の下はクマだらけです。私の職場は出勤が遅いので、こんなに朝早く起きる必要はありません。しかしこの目覚ましの音が長く続くので、この騒がしい音のせいで目が覚めて二度寝できなくなるのです。

我慢の限界でした。この日は目覚ましが鳴って3分以上放置だったと思います。延々と煩い音を聞かされて限界を感じました。そして急いで服を着替えて身支度を整えて彼女が家から出るのを待ちました。

そしてそこを捕まえて説教したのです。その説教が相当トラウマになったようで、その日からあの目覚ましはピタッと止まりました。今はどうやら目覚ましを音抑えめのやつに変えて使っているみたいです。

説教して良かったと思います。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ