小さな音でも立派な騒音?自治会で問題を共有、解決!

性別 男性
年齢 45歳
イニシャル K.K.さん
賃貸or分譲 分譲
築年数 新築
構造 SRC(鉄骨鉄筋コンクリート構造)

集合住宅での騒音問題はときとして、当事者間の問題から、他の住人をも巻き込んだ問題になる可能性があります。

騒音を出す方とて必ずしも悪気があるわけではないし、被害を被っている方が実は聞き耳を立てて、大騒動にしていることもあります。

また、大きな音だけが問題となるのではなく、微弱な音でも耳に障ることもあり、騒音問題は非常に難しい社会問題となっています。

新たな生活がスタート。しかし、それは問題の始まりに

数年前の3月、新築分譲マンションの一室を購入した私たち一家は新生活をスタートさせました。

物件は地上4階建て、全20世帯の比較的こぢんまりとしたマンションでした。いわゆる山の手に建てられた中の上クラスのマンションで、世代的には3、40代のサラリーマン家庭から70代くらいのご夫婦までらっしゃいました。

私の子供たちも新しい学校生活を満喫しているようではじめは何の問題もありませんでした。

夏の風物詩といえばあの音色。それが問題に

1学期が終わり、梅雨も明けるか明けないくらいの夏らしい日に、ある音色が聞こえてきました。

それはどこかのお宅のベランダから聞こえる釣り鐘の音でした。なんとなく懐かしい音色で、やっと梅雨が明けて夏らしい季節がやってきたと、初めのうちは思っていました。7月が過ぎ去り、お盆もすぎ、つくつく法師が鳴き、子供たちの新学期がスタートしても、まだどこからか釣り鐘の音が聞こえてきます。

もういい加減、聞き飽きたなあと少し食傷気味でした。しかし、釣り鐘をしまうつもりは全くないらしく、台風の時期になっても取り外されることはなく、釣り鐘は鳴り続けたままでした。

我慢の限界。妻がノイローゼぎみに

釣り鐘は風鈴と異なり、余韻が長いのです。いつまでも耳につきます。きーんという高周波の音は徐々に耳をむしばんでいきました。風が吹いていないときでも、釣り鐘がなっているような気がするようになり始めて、妻の精神が少し疲弊してきました。

私や子供たちは昼間いないですが、家内は専業主婦なのでずっとあの音を聞き続けていて、四六時中耳の中で釣り鐘がなっている感覚にとらわれ、ノイローゼ寸前でした。

すると家内はこのマンションを買ったのは失敗だったとか、引っ越したいとか言い出す始末に私も精神的に苦痛を覚えるようになりました。

自治会の議題に。そして解決

ちょうど入居後半年経っていたので、入居者による定期総会がもたれました。

管理会社立ち会いの下でさまざまな議題について話し合いをし、すべての議事進行を終え、何か質問等はございませんかという頃合いになって、私はくだんの釣り鐘問題について、釣り鐘の自粛を求める議題を緊急提案しました。

住民のほとんどの人が、ああ、あの釣り鐘か!と思っていたそうで、すんなりと決議され、マンション1階の掲示板に通達がなされました。それ以降、釣り鐘は外され、次の年も聞こえてくることはありませんでした。

結局、私はどこのお宅からなっているのかわからなかったのですが、入居者を特定して、個人的に自粛を求めなくてよかったと思いました。

おそらく、言われた方は悪気があってしていたわけではなくて、ただ片付けるのがめんどくさいとか、何にも考えていなかったのだと思います。横との結びつきが強い小規模なマンションだからすんなりと話はまとまったのでしょうが、一軒家が建ち並ぶ地域ではなかなか難しいだろうなと思った次第です。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ