マンションの騒音と円滑なマンションライフを送るには?


マンションだから防音性が高いと思いがちですが現在、床材の多くはフローリングでを使用していて騒音が発生しやすい材料でもあります。

絨毯、カーペット、畳などは一般的にフローリングより遮音性能が高いとされていますが、やはり種類によって遮音性能は変わってきます。

マンションには遮音性能の基準もありますが、どれだけ防音性が高くても上下・左右の住人の生活環境により騒音は変わってきます。

騒音になる生活音の種類

  • 家庭用設備からお風呂・トイレの給排水音、台所ディスポ―ザー音、換気扇、温風ヒーター、ドアの開閉音
  • 家庭用機器から洗濯機、乾燥機、掃除機、ホームベーカリー、電話のベル、目覚まし時計
  • 音響機器からテレビ・ラジオのスピーカー音や重低音など、ピアノなど楽器
  • 生活行動から話し声、怒鳴り声、泣き声、笑い声、子供が走ったり飛び跳ねる音、ドアの開閉音、車・バイクのアイドリング音、ペットの鳴き声、風鈴の音

深夜に使用する場合、住宅の壁などを通じて音が小さくても音が伝わることがあるります。また、同じ機器であっても、設置位置、住宅構造により外に漏れる音の大きさも異ります。

マンションでの騒音時の対応

マンションの場合は上下・左右の住宅に限らず、斜めからの騒音も伝わってきてしまうことがあります。

真上の階だと思ったら、斜め横上の家からだったということもあるのです。ではマンションでの騒音を感じたらどうしたらいいか。

1.管理人室に相談する

管理人室にもよりますが、ロビーの掲示板に張り紙を貼ってくれたり、お願いしたらお伺いを立ててくれることもあります。

2.自分で訪ねてみる

この住人からの騒音と分かるまでは、絶対に決めつけてはいけません。最初から苦情扱いになってしまうと、のちのちトラブルの元になり兼ねませんので最初から感情的にならず、あくまでも謙虚に対応しましょう。

こじれた場合、賃貸マンションなら引越しもできますが、分譲マンションに住んでいる場合は簡単に引っ越せませんね。お互いが気持ちよく暮らせる様に、対応にはくれぐれも注意を払いましょう。

マンションの騒音例①

家電の作動音の騒音がする様になり、ストレスになり真上とその左右の住人にお伺いをしました。音が響くがどこから発生しているかわからず困っているとのことを伝えました。

相手が不快にならないよう、逆にこちらの騒音などは大丈夫か?との一言も添えました。真上の階の住民は、老夫婦で子供もいない為、心当たりが全く無いとの応対。逆に、老夫婦は自分の真上の階の子供の走る音がうるさくて、伝えに行った事があると言っていました。

音を出している住民は、子供がいないからうちのはずではない、自分達の生活音が騒音になっているとは全く気が付いていませんでした。訪ねた翌日より騒音がかなり減りました。

気にしてくれた様で、やはり真上の住人からの騒音でした。家電の下にマットなどを敷いたり何か対応をしてくれたのではないかと思います。

騒音は受けている側は辛くストレスですが、最初からあなたの家からの騒音ですよと決めつけない事が隣人トラブルを招きにくくなりかと思います。

マンションの騒音例②

地デジに買い換える際など、重低音のスピーカーを一緒につけ映像を楽しんでいる家も多くなったかと思います。

隣人のスピーカー音(重低音)が響いて眠れない。隣の一人暮らしの住人のスピーカー音(重低音)が平日の夜になると大きく響いていました。土日は1日中響き、自宅に居る時間が良くわかる程でした。

絶対にTVゲームをやっているに違いないと思っていました。ある日、眠りにも付けない程の騒音でストレスとなりお訪ねました。「どうしても気になって眠れないが、何かゲームなどしていますか?」と伺うと、TVゲームはしていないとの返答でした。

普通にスピーカーを通してTVを見ていただけのようです。本人は隣に響いているとは全く思ってもいなかった様です。すぐに、スピーカー音(重低音)は気にならなくなり、ゆっくり眠ることができましたが、こんな事なら長い間がまんしないで、早く訪ねれば良かったなと思いまいた。

~最後に、マンションの騒音を通して~

騒音を発している側は気にもしていなくて、無意識な場合も多いのが現況ですが騒音を受ける側は相当なストレスを感じてしまいます。しかし、逆を返せば、いつでも自分も騒音を出している側になるかも知れないという事です。

円滑なマンションライフを送る上では、お互いが気を使いながら生活しなければなりません。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ