隣人の騒音を注意するのはトラブルの元?まずは人間関係を築くのも大事

性別 女性
年齢 38歳
イニシャル N.R.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 30年
構造 RC(鉄筋コンクリート構造)

マンションでのトラブルに最も多いと思われるのが騒音問題です。

多くの異なる人が狭い場所で生活をしているのですからトラブルは付き物です。多少の事はお互いさまで済むでしょうけれど、度重なる迷惑は誰でも我慢出来ません。

しかし、トラブルを避ける為には冷静を保つべきなのです。

家賃の安さだけで決めてしまった引っ越し先

私が就職をする前の時の事です。就職が決まり、一人暮らしをする事にしました。まだお給料も貯金も無いのですから、生活が安定するまではとにかく家賃が安い場所が良いと思ったのです。

会社から場所もそこそこ近い、古くて家賃が安いマンションに決めました。

引っ越す前に調べるべき隣の部屋の住人、フリーターの若い男性が騒音の主

家賃が安いせいもあり、住人も問題がある人が居たのです。私の隣の部屋に住む若い男性が騒音の主でした。

日中は私は仕事に出ているのでわかりませんが、夜になると騒音の始まりです。大音量の音楽や大きな声での電話が薄い壁から筒抜けです。

休日は男性の友人も遊びに来て夜遅くまで騒いでいる事も良くありました。

頼りにならない大家さん、もう自分で何とかするしか無いと自棄になり

騒音に耐え兼ね、大家さんに相談しました。しかし大家さんは若い男性に注意をするのが怖いらしく私に我慢する様に説得してきたのです。

当時若かった私には、大家さんに何とかして貰うしか方法が思いつきませんでした。もう八方ふさがりな気分でしたが、転機が訪れたのです。

今思えば悪化する可能性があったかも、男性と親しくなる作戦

ある日の夜、男性の部屋から大音量のゲームの音が聞こえてきました。

それと同時に、男性と友人の喋り声も聞こえてきました。どうやらゲームが上手く行かない感じです。男性たちがプレイしているゲームは、私が得意なゲームだったのです。騒音で自棄になっていた私は、捨て身の作戦を思いついたのです。

男性との接触が成功して

捨て身と言っても、簡単に言えばその男性と親しくなる事です。私は次の日、さりげなく男性とマンションの通路で会う様に待ち伏せしました。

男性は挨拶すれば一応挨拶を返してくれる人です。男性に挨拶をした時、ゲームの話を振りました。この前ゲームの音が聞こえて来たけどあのゲーム楽しいですよね。そんな感じで話かけたのです。

何でも言いやすくなったのは男性との人間関係が良好になったから

男性は、趣味が一緒とわかると途端に愛想が良くなりました。今まで挨拶を返してくれてもぶっきらぼうでしたが、ゲームの話をするなり満面の笑みを浮かべたのです。

そこからは急激に男性と仲が良くなりました。通路では男性の方から挨拶をする様にもなりました。ゲームの攻略方法を教えてあげたり、ゲームの魅力を話し合ったりもしました。私と男性は友人関係になったのです。

お互い譲歩する事が大切

親しくなれば、もうこちらの要望も聞いてくれる様になります。夜は音楽やテレビの音を下げて欲しい事や、喋り声も控えめにして欲しいと伝えたのです。

男性は、素直に謝罪して聞き入れてくれました。多少の騒音は私も我慢出来る様になりました。お互いの人間関係が築けたからだと思います。騒音トラブルには、被害者と加害者がいます。

被害者だからと言って加害者に詰め寄ったりすれば、加害者は頑なな態度になってしまうでしょう。時には歩み寄って加害者の態度を柔和させる必要もあるのです。

私の場合は上手く行きましたが、この方法が必ず上手く行くとも限りません。しかし人間関係を良好にする事はトラブル回避に役立つと思います。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ