騒音の原因は子どもへの虐待!マンションでの騒音体験記

性別 女性
年齢 28歳
イニシャル T.R.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 3年
構造 RC(鉄筋コンクリート構造)

私がまだ結婚したての頃、夫の転勤の関係でマンションに引っ越すことになりました。

そのマンションは賃貸でしたが比較的若い層のカップルや家族が住んでいる少しオシャレなマンションでした。

今回はこのマンションでの子どもが原因の騒音についての体験談を述べたいと思います。

騒音のきっかけは上の階の家族の引っ越しから

当時は3階に住んでいました。上の階には子どもがいないカップルだったため比較的騒音のようなものは全くなく、毎日快適に過ごすことができました。騒音が酷くなったのはそのカップルが引っ越して子どもが一人いる家族が引っ越して来た後です。

挨拶に来た時に顔を見たのですが、明らかにヤンキーのような出で立ちで少し恐怖も感じたことを覚えています。

子どもの走る音から泣き声、叫び声に変化

最初は子どものドタドタと走る音が頻繁に聞こえる音でした。しかし、私たちは共働きだったので夜くらいしか平日はいませんし、騒音を聞くとしても朝と休日くらいでした。

走る音くらいはと我慢してたのですが、段々子どもの泣き声や叫び声も頻繁に聞こえるようになりました。私たちは少し違和感を感じ、隣に住む家族などと相談をして何人かで注意をしに行くことにしました。

注意をしたら逆ギレ。エスカレートする騒音

注意をしに行くと父親は逆ギレをしてきました。子どもが小さいから仕方ないと喚いていました。しかし玄関先から見た家の中はモノが散乱しており、明らかに異常な感じでした。

母親と子どもは姿を見せず、父親は家の中を見せないようにしていました。注意をした後日、子どもを打つような音や、明らかに普通の泣き声とは違う叫び声のような音が聞こえたため私たちは不動産屋に連絡をして調査をしてもらうことにしました。

騒音の原因は子どもへの虐待

後日聞いたところによると父親の暴力が原因で子どもの虐待が発覚したそうです。児童相談所にも相談をして、数日後その家族は半年も経たずに引っ越していきました。その後騒音はめっきりなくなり、また静かな毎日が始まったのですがこの家族がその後どうなったのかはわかりません。

しかしあの時注意をしに行ったり不動産屋に相談しなければもっとことは深刻になっていたかもしれません。誰かに相談することの大切さを学びました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ