上の部屋がピアノ教室!?そのとき私が取った対策とは

性別 女性
年齢 40歳
イニシャル M.O.さん
賃貸or分譲 分譲
築年数 12年
構造 RC(鉄筋コンクリート構造)

購入時には分からない騒音の問題。住んでから気づいたときにはショックですよね。簡単に再度引越しもできず、まさに後悔先に立たずです。

私がどのようにピアノの騒音問題に立ち向かい、結果として良い方向に解決できたかをご紹介します。ぜひ困っている方は参考にしてください。

まさかの騒音問題発生!

夫の転勤を機に購入した念願のマイホーム。中古マンションでしたが、環境も広さも一目惚れで即決でした。正直内見一回で決めたのは早すぎたかもしれません。しかしそのときにはまったくこのような騒音問題をかかえる物件とは気づきませんでした。

売主からも、ピアノの話はありませんでした。後からわかった話ですが、前の方が引っ越した理由はこの騒音問題だったとか。まさに騙された気分です。

上の家から聞こえ始めたピアノ騒音

引っ越して1週間程度たつと家の片付けや事務手続きも終わり、専業主婦の私は日中1人で家にいることが多くなりました。

静かなリビングにいると聞こえてくるピアノの音。気がついた時には、まるで血の気が引く思いでした。「大変な物件を買ってしまった……。」まさにそんな気持ちです。

恐る恐る寝室を見に行くことに。恐れていた通り、寝室にもその音はハッキリと聞こえてきました。何の曲か分かるほどの音漏れでした。

勇気を出して上の家へ直談判

毎日昼間から夜まで続くピアノの音に、耐え切れずに直談判に行くことに。

夫には相談せず、まずは私1人で伺うことにしました。しかし何度インターフォンを鳴らしても出てきません。そいうえば引越しの挨拶のときも不在で会えていませんでした。

後でわかったことですが、前の住人とも相当もめたそうなので、きっと意図的に居留守を使っていたようです。そこでエレベーターで戻ってきたタイミングを見計らって、玄関前で声をかけました。相手は50代、ピアノの主はその方の20代の娘です。

ピアノ教室を黙認する提案

私は直談判に向けて最終兵器を持参していました。それはその方がピアノ教室を自宅で開いている証拠です!ネットで執拗に探して見つけました。

このマンションは営利目的に使うのは禁止されており、ピアノ教室は禁止です。そしてピアノ教室を続けるのは黙認するかわりに、防音工事を徹底して行って欲しい。

拒否するなら管理組合に伝えるとういことを、柔らかい口調で伝えました。結果相手は本格的な防音工事を行い、防音の問題は解決しました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ