隣の事業所の恫喝に怖くなった!騒音を考えない企業は何かが怪しい!

性別 男性
年齢 45歳
イニシャル T.A.さん
賃貸or分譲 分譲
築年数 15年
構造 RC(鉄筋コンクリート構造)

工務店を経営しているのですが従業員の宿舎を兼ねたマンションを購入する事になりました。

中古の物件でしたが築年数の割には程度も良い物があり営業所として使用していたので、隣室の騒音に悩まされ集中ができなくなる事がありました。

お隣も営業所でしたが表記も無く怪しい感じがしました

マンションの居住者の内訳として一般の家庭の入居者も多かったのですが、事務所並びに個人事業主の店舗として使われる事もあり、業者の入居も多いマンションでした。

入居当時、隣室は使用をして居ない状況で空室だったのですが、やがて入居者が決まり業者が入る事になりました。看板も上がっていないですし、会社らしい表記がありませんのでどんな会社か不明だったのですが、スーツを着た男性が出入りをするのを見かけ事業所と言う程度しか認識ができない状態でした。

廊下で擦れ違っても無言で挨拶をしても頷く程度で礼儀もありませんし、何か嫌な感じがしたのですが、後に感が当たり悩まされる事になりました。

朝から従業員への恫喝で、こちらまで怖くなりました

朝9時から勤務が始まり従業員への挨拶から一日の業務がスタートをするのですが、お隣の事業所も同じ様に9時から始まりました。

仕事が始まりしばらくすると、お隣から従業員に注意をする声が聞こえてきたのですが、やがて注意から怒りに変わったのでしょうか、大きな声で従業員を叱り出したのです。叱ると言うよりは恫喝に近く、物で殴りつけるような音が響き出し、バンバンと言う音が我が事業所まで響いて来るのです。

時にはガラスが割れる音も聞こえ、明らかにどこかにぶつけて壊れる音なのです。壁に挟まれた隣からの騒音なので拝見する事が出来ませんし、何が行われているのか検討も付きません。

もしかしたら殺人事件になるのではと思うほどの迫力があり、仕事が手に付かない程怖い物がありました。多い日には朝九時から夜の10時ごろまで続き、従業員が帰社をすると必ず怒鳴り声が聞こえますので、営業成績の結果で怒られていたのだと思います。

従業員に安心して勤務に就いてもらう為に管理組合に連絡をしました

事務所の移転をして新規一転仕事を始めようとしていた矢先に隣からの恫喝を伴った騒音に悩まされていたのですが、日を追う毎に物を叩くような音が増えて行き仕事に集中が出来なくなって行きました。

直接苦情を言って静かにして頂くようにお願いに行こうと思いましたが、隣人で言い出し難い事もあり気が引けてしまいましたので管理組合に苦情を申し立てました。ですが、一向に改善をされる事が無く更に恫喝が響くようになってしまい、まったく騒音が落ち着く事がありませんでした。

半分諦めるしかないのかと思い我慢をしていたのですが、思わぬ展開になり状況が一転をしました。

商法取引法違反で逮捕になり、思わぬ形で平静を取り戻しました

毎日のように隣からの騒音が響いており、時には壁に振動が伝わるくらいの騒音を越えた物があったのですが、隣の事業所が警察の捜査を受けてしまい逮捕されてしまったのです。

商品を詐欺まがいの方法で売りつけていたそうですが、恫喝をしながら相手に電話をかけて金品を騙し取っていた業者だったのです。成績が上がらないと従業員を恫喝しながら物をぶつけていたのですが、悪徳企業の特徴だと感じました。

思わぬ形で会社は潰れて騒音からは解放をされましたが、常識のある会社では社会的な事を考えて騒音は出さないように気をつける筈ですし、周りの事を考えない時点で世間から外れている企業だと思いました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ