フローリングの床の大きな欠点!足音による騒音注意!

性別 女性
年齢 60歳
イニシャル I.S.さん
賃貸or分譲 分譲
築年数 30年
構造 SRC(鉄骨鉄筋コンクリート構造)

生活音と言うのはある程度は仕方のない事で、お互いさまと言う事もあります。

勿論足音と言うのも、避けられない生活音の一つではあります。

元々の屋内の床は

何しろ築年数が古いマンションですので、建った当時の流行で元々は全室廊下も含めて、カーペット敷きの作りです。掃除が少々面倒な感じはしましたが、冬も暖かいだろうと言う事でうちの場合は購入時のまま、リフォーム無しで暮らしています。

とは言え昨今は殆どのご家庭が、少なくともリビングと廊下はフローリングに張り替えたようです。

引っ越してすぐに気が付いたのですが

引っ越してすぐに、昼間はともかく夕方辺りから上の階で、ドシンバタンとでも形容するしかない音が聞こえるのに気が付きました。

明らかに子供さんが、椅子から飛び降りたりしている時に出るような、そんな騒音でした。とは言っても、夜の8時過ぎには静かになるので、夜間騒音と言うわけでも無くそれほど大きな音でも無かったので、あまり気にしていなかったのです。

偶然のことだったのですがそのおかげで

文句を言いに言ったり理事会に報告するほどの事でも無かったので、放置を決め込んでいたのですがある時、上の階から洗濯物がうちのベランダに落ちてきたのです。真上の階なのか、それとも風に流されて斜め上の階からなのか不明でしたが、とりあえず真上のお部屋に行ってみたのです。

洗濯物は確かにその部屋の方の物だったのですが、開口一番に言われたのが「すみません、足音煩いですよね、気を付けます」だったのです。

こちらも驚いて、洗濯物の事で伺ったのだと言ったので先方もほっとしたようなのですが、音について聞いてみたところうちの前の住人から結構クレームだ出ていたと言う事でした。

音についてはうちの場合、夜の8時以降でなければ大して問題無いのでとお伝えして、実際8時以降は足音はたたなくなりました。

ある意味面倒も無くラッキーだった結果です

前の住人がクレーム出してくれていたおかげで、うちの場合はスムースに解決しましたが後にお話を聞いたところ、やはりフローリングにしてから騒音クレームが来るようになったとこことでした。

カーペットは手入れも面倒で埃もたちやすいのですが、こと足音などの騒音にはこちらの方が対処しやすいようです。うちのケースは特殊でラッキーであると言うのは事実でしょう。

相手の方がきちんとした方だったのが、何よりの解決手段になりました。理事会など通さず相手の方の自覚によって解決できたのは、本当に幸運だったと今でも思っています。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ