上階の足音で眠れない!騒音は我慢せずに管理会社に連絡を!

性別 女性
年齢 27歳
イニシャル N.A.さん
賃貸or分譲 賃貸
築年数 新築
構造 鉄骨構造

26歳の時、転職をすると同時に新しい賃貸マンションに引っ越すことになりました。

新しく住むマンションは一人暮らし用の1Kで新築、独立洗面台付き、駅から徒歩3分、家賃も都内で7万5千円という自分が求めていた条件をほぼクリアする物件だったので不動産屋から紹介された瞬間に即決したものでした。

騒音という問題が起こるとは考えもせず、うきうき気分で新生活を楽しみにしていました。

引っ越し初日の違和感

新しいマンションでの生活に夢を膨らませながら引っ越し当日を迎えました。順調に引っ越しは進み、引っ越し初日でほぼ片づけも終えることができました。

引っ越しでとても疲れていたので、22時くらいに寝ようと思いベッドに入ったのです。すると、どすんどすんという音が隣からなのか上からなのかははっきりしませんが、聞こえてきたのです。

ただその時は新築のマンションだし、私の他にも引っ越しの片づけをしている人がいるのかなと思ったのと、疲れていたのですぐに眠りにつけたこともあり、あまり気にしませんでした。

毎晩のように続く足音

引っ越し当日に感じたどすんどすんという音は次の日からも続きました。日中や夜の20時くらいならばまだ我慢できるのですが、その足音のようなものは23時から夜中の2時ころまで定期的にするのです。

単なる足音なのか、運動でもしているのか分からないのですがドスンドスンと音がし、気になって眠れなくなってしまいました。

足音はどこの誰からなのか

その足音がどこから出ているのか気になり、足音がうるさい時に隣がいる方の壁に耳を当てましたがどうやら違うようでした。

隣が違うとしたらあとは上の階だけです。上の階にどんな人が住んでいるのか気になると思いつつ、どうやって調べたらいいのかなと考えていたら、たまたま外出先から帰ってくるときに上の階の人がベランダで洗濯物を干しているのを見かけたのです。

その人は若い男性でした。体格もよかったので歩いている音が響きやすかったのかもしれません。

管理会社への相談と改善

音の原因の人物も分かったのですが、体格のいい男性ということもあり、本人に直接いうのは少し怖いなと思ったのでまずは、マンションの管理会社に連絡をいれてみました。

管理会社は連絡を入れた翌日に住人全員に騒音に関する注意喚起の手紙を入れてくれました。ですが足音は改善されませんでした。そのため1週間後にもう一度管理会社から上の階の人だけに手紙を入れてもらいました。

そうしたらその後はたまに大きい足音はするものの前よりはだいぶ改善され、今は快適に過ごせています。やはり、すぐに管理会社に連絡をして対処してもらうのが一番だなと感じました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ