マンションでホームパーティー騒音!証明には録音が有効!?

近年は諸外国にならって日本でもホームパーティーを開く人が多いですね。

だからこそマンション暮らしでホームパーティーの騒音に悩んでいる人も多くいます。

確かに一軒家とは違いマンションだからある程度は仕方がないと分かってはいても、あまりにもひどい場合はどうにかしたいもの‥。

そんなマンション暮らしのホームパティーの騒音トラブルの対応策について紹介します。

お昼のホームパーティー騒音

お昼の時間帯だからこそホームパティーを開く側にとっては騒音に対するマナーも薄れがちになります。あまりにもホームパーティーの回数が多い場合は管理会社に相談する事が大切ですが回数が少ない場合はお昼の時間帯という事もあって管理会社も対応してくれない場合もあります。

でも回数が少なかろうと騒音で悩んでいる人にとっては苦痛でしかないですね。お昼のホームパーティー騒音の対処法は、管理会社の営業時間内や管理人がいる時間帯の場合であれば来てもらって注意してもらいます。

それでも騒音がひどい場合もしつこいくらいに管理会社や管理人に仲介してもラうようにしましょう。今後も同じマンションで生活するのであれば名前は出さないようにしてもらうようにしておく事も重要です。

例えその後もうるさくても直接文句を言いに行くという行動は絶対しないようにしましょう。

夜中のホームパーティー騒音

夜中のホームパーティーは特に音が響くので更にうるさく感じるものです。そこにホームパーティーならではの音楽が混ざり合うとうるささも倍増です。

管理人が常住している場合は管理人に来てもらって注意してもらいましょう。管理人の常住がないマンションの場合は営業時間内に管理会社に連絡して注意してもらいます。それでも全く効き目もなく夜中にホームパーティー騒音がひどい場合は近隣警察の生活安全課に相談する事をお勧めします。

お昼のホームパーティーとは違い夜中のホームパーティーという点において生活音以上の騒音である場合は警察の生活安全課に相談しても大げさではないのです。

騒音を記録するのは有効

騒音の感じ方には個人差があるので管理人、管理会社、警察の生活安全課にしても実際騒音がどれほどの物かを伝える必要が出てきます。

騒音は個人の感じ方にもよって全く違ってくるので理解してもらうためにも騒音がどれほどなのか録音しておくという手段が有効になってきます。録音と言ってもあくまでも自分の自宅でどれほどの騒音かを録音することなので、間違ってもトラブル相手の部屋を盗聴するという事は犯罪なので絶対にしないでくださいね。

まとめ

ホームパーティー騒音というのは開催している本人にとっては楽しい事でしょうが、周りにとってははた迷惑。マンションという狭い空間では特に気を付けたいですね。管理会社側としては騒音で悩んでいる人が過敏になりすぎていると思う場合もあるので、あまりにも騒音が大きい場合は騒音がしている時に管理担当者に来てもらうように手配をして第三者の感覚で判断してもらう事も大切です。

それでもだめなら生活安全課に相談しましょう。最近よくある騒音トラブルで刺されたなどという事件もよくあるので直接苦情を言う事だけは絶対に避けるようにしましょう。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ