隣人の迷惑物音や行為!私なりの抵抗で多少解消されました

性別 女性
年齢 23歳
イニシャル Y.A.さん
築年数 13年
アパートの構造 木造

騒音に悩まされているアパートに住み始めたは約1年前。明るい色合いのアパートで、日当たりも良く駐車場付き、学生向けで家賃も安いという好条件の下、住むことに決めました。

大家さんが気さくな方で、アパートのすぐ隣に住んでおり、休日は高頻度で庭の手入れやアパート前に手作りの木のベンチを作ったり、と出くわす事が多いです。

会う度に挨拶は勿論、近況などを話します。そんな素敵なアパートライフの中で、ある悩みが出来てしまいました。

隣人登場!突然の挨拶

そのアパートには私以外に2人男性が住んでいる事は不動産で聞いていました。

しかし、このご時世アパートで引越しのご挨拶を女性から男性の家にすることは少し怖さもあり、特に挨拶を行いませんでした。住み始めて1週間経ったある日、夜9時くらいに部屋の外で若い男性の話し声。

どうやら電話している様子。わざわざ私の部屋の前でしなくても、と思っていました。すると突然インターホンを鳴らされました。こわい!明かりをつけていたので居るのはバレていますが居留守をしました。

しかし、何回も懲りずに鳴らしてきます。モニターを確認すると聞こえた話している内容を含め、大学生でした。隣に住んでいます、とモニターの前で言っていました。

学生のノリか、と私は恐る恐るドアを開け顔を出しました。一般的な引越しの挨拶を終えても彼はお話好きなのか話が止まりません。でも、初対面でこんなに自ら話をしてきて悪い方ではなさそう、と安心しました。

気になりだした物音

安いアパートですから多少テレビの音量が大きいくらいでは気になりません。しかし、その隣人の彼は何をするにも大きい音をたてるんです!わざとでないことも分かりますが、足音をはじめとし、ドアと窓の開閉、ベランダにでて洗濯機を操作、干す動作の音、普通に行ってどうすればそんなに大きい音がたってしまうのが不思議なくらいでした。

しかし、注意をしようにも故意ではないでしょうし、気にしないようにしました。

新たなる悪案件。友人の襲来

物音を気にしないように決めてから早い段階で、それは起きました。隣人が友人(男1、女1)を家に招きました。学生ですから、よくあることですよね。

しかし、あまりにも隣に住む私への迷惑を考えない案件ばかりでした。まず、その友人らはいつも夜に来て朝に帰るのですが私の停めている車の隣に大きい車を幅ギリギリで停めているのです。

駐車場自体広くは無いですし、私だって運転のテクニックに自信あるわけでもありません、乗り降りするときのドアの開閉も注意が必要です。

それに加え、深夜に話し声は勿論のこと、大きい音量でテレビを見て笑う女の甲高い声。プロレスをしているの?と思うくらいの激しい物音。これを週に何度も。もう我慢できません。

大家さんへの訴え

上記の困った案件を1か月以上耐えてから、私は大家さんへ告げることを決心しました。本人に言うことは、その後の生活を考えると言いづらかったので優しい大家さんに頼ることにしました。

私も大家さんも平日昼間は仕事に出かけてしまうので、手紙を書いて大家さん宅のポストに投函しました。これが気が弱い私なりの訴えでした。

すると後日、大家さんから隣人に注意しました、という内容の手紙が届きました。

ストレス軽減

大家さんに注意を受けてからは、物音も以前ほどうるさくなくなりましたし、友人を招く頻度も少なくなりました。

友人も大きい車を停める事はなくなり、おそらく隣人が友人の家に行くようになったのだと思います。これが今のところ私のアパートでの大きな出来事です。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ