急に始まった「ドシンドシン」!でも上階の人と話してみると・・・?

性別 男性
年齢 41歳
イニシャル T.O.さん
築年数 30年
アパートの構造 軽量鉄骨

かなり長いこと住んでいたアパートがありました。1階です。

当初は築10年位でしたが、15年ぐらい住んだあたり(築25年になったあたり)で上階の騒音がひどくなりました。主に足音ですね。

でも、新たに上の部屋に来た人が実際にうるさいのか、老朽化なのかは判然としませんでした。

なぜか急にうるさくなった

住んで15年たったころ、ドシンドシンと上階の足音や、物を置くような音が大変響くようになりました。

特に深夜ですね。さいたま市の比較的都市部ということもあり、越してきても、特に階が違えばまったく挨拶しないケースが多いので、新しい人が引っ越してきたのか、同じ世帯のまま同居人などが変わったのかも良くわかりませんでした。

耳栓を買ってみた

あまりにも音がうるさく、部屋に帰るのが怖くなってしまいました。年がら年中音がしているのではなく、夜になると、人が帰宅してくるせいかドシンドシンが始まるのです。「いつまた音が始まるのか」が怖くなり、「モルデックス」という会社の強力なタイプの耳栓を買いました。

これでだいぶ変わりましたが、完全に気にならない状態とはなりませんでした。

知らない人だから、理由が分からないから気になるんだと自己分析した

過去のいろいろな騒音問題を振り返ると、同居している家族などがちょっと物音を立てても別に気にならない、と気づきました。

また音量として激しい道路工事なども「道路工事をしているのだ」と分かるから、私はそんなに気にならなかったんです。近所の学校で、それこそ朝っぱらから運動会の合図の花火を打ち上げていても、「ああ運動会の花火だな」とわかるので、別に不快感などはそう感じなかったのです。

一方、この足音に関しては「いったい何なんだ?どういう人なんだ?何をしているんだ?」という気分が、自分を不安・不快にさせていたのです。

思い切って、言ってみた

上の階に行くこと自体、15年住んで初めてに近かったと思いますが、天気のいい日曜日の朝に、思い切って上の階、上の部屋を訪ねてみました。

ここは少しテクニックを使い「最近新しい原付バイクを買ったんですが、駐輪場でうるさかったらごめんなさい」というネタをダシにすることにしました。実際バイクの件は、アパートから離れたところでエンジンをかけたりしていたので、うるさくはなかったと思いますけど、話のきっかけとしてですね。

ピンポンしてみると、中高生ぐらいの女の子が出てきました。親子で住んでいるのでしょう。この時点で結構安心しましたね。「下の部屋の者です。僕もちょっと神経質で申し訳ないんですが…」などと低姿勢かつ明るいトーンにして足音の件を言ってみると、「気をつけますね!」と笑顔で応じてくれました。

気分が変わった

上の階に住んでいるのがどうやら平和で明るい感じの親子・家庭であると分かり、気が楽になりました。ドシンドシン自体はそう変わらなかったんですが、妙に気を使われすぎるよりはいいですしね。

一度洗濯物が落ちてきたのを持っていく機会などもあり、人間関係的にも快適なものとなりました。

となりの人にも言ってみた

上の人と話すことでほぼ解決したのですが、たまたまとなりに住んでいる老夫婦、特におじいさんのほうがフレンドリーで、よく立ち話などもしていました。

ものの貸し借りなんかもあって下町感覚というか。この人に「結構このアパートも古くなってきてる感じですよね」「そうだねえ」「音なんかも…」「それはあるねえ」などという感じで話してみました。

問題を共有できた感じがうれしかったですね。先にこの人に言う手もあったかも…とは後から思いましたね。

音の発生源を知ると、気分が変わるとわかった

このケースでは、上に住んでいる人に苦情を言って変えてもらったというよりは、上に住んでいる人と会ったことが、解決になりました。

騒音自体がなくならなくても私の気分が変わったんですね。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ