いいアパートを見つけたのに…隣人の争う音の恐怖が待っていた

性別 女性
年齢 35歳
イニシャル K.S.さん
築年数 30年
アパートの構造 木造

以前住んでいたアパートは、家賃が手ごろなのに2DKとそこそこ広く、通勤に使うバス停にも近いことから、夫と初めて暮らすための部屋に選びました。

築年数はだいぶ経っていたため、外観はかなり古めかしかったのですが、内装や水回りはきれいにリフォームされていましたので、申し分ない部屋だと思いました。

そこで、2階建ての2階部分に部屋を借りることにしました。

無事引っ越しも終わり、隣の1軒と下2軒への挨拶も済ませました。

新生活がスタートし、楽しく暮らしていたのですが、半年ほど経ってから困ったことが起きたのです。

夜中に隣から言い争う声と鈍い物音が聞こえる…

ある夜、眠っていると隣の部屋から壁越しに物音が聞こえてきました。周りはとても静かな環境なので、隣の部屋の音はよく聞こえるのです。どうやら、大人同士が言い争っているようでした。

さらに、家具を動かしているのか、と思うような重い音が聞こえてきます。ドンドン何かを叩く音もしました。うるさいなあと思っていましたが、その日はそれ以上続くことはなく、こちらもそのまま眠りにつきました。

しかし、それから毎週のように、同じような声や物音が深夜に聞こえるようになったのです。さすがに、隣の人に対して何やってるんだろう?

という思いが湧くようになりました。ちなみに引っ越しの挨拶に行ったときに会ったのは、普通のおばさんでした。言い争う声は、男性と女性のものに聞こえましたが、誰かまではわかりません。

激しい喧嘩の声と音が早朝まで!

夫が夜勤でいない日に、それまでにないほどひどい騒音が夜中から始まり、朝まで続くということがありました。その時は、明らかに男の激高する声と女の悲鳴が聞こえたので、さすがにヤバいと感じ、うるさいというよりも恐怖でいっぱいになりました。

ほとんど眠れなかったのですが、何か事件になっては困ると思い、その朝帰ってきた夫とともに警察署に相談に行きました。警察の方は話を聞いてはくれましたが、その時でないと動くことができないと言われました。

そこで、その騒音を出している部屋の下に住む人を訪ね、一緒に大家さんに相談することにしたのです。

大家さんは動けない、管理会社に連絡

大家さんに相談しましたが、結局アパートは管理会社に任せているので自分たちが介入することはできないとのことでした。

そこで、夫が管理会社に連絡したのですが、こちらが騒音を訴えていることを知られるとマズいと思い、その旨も相談しました。その後、直接本人に連絡がいったかどうかはわかりませんが、先日ほどひどい騒音はないにしろ、やはり隣が気になってしまうようになりました。

結局、自分たちが引っ越すことに

そのアパートを契約した当初は、子どもが生まれても小さいうちはしばらく暮らせそうと思っていました。しかし、騒音の真っただ中、妊娠がわかり、精神衛生上もよくないと思ったので、結局2年の契約更新の前に退去することにしました。

隣人がその後どうなったかはわかりませんが、今はもうそのアパートは取り壊されて新しいアパートが建っています。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ