お気に入りのアパートに引っ越した!でも、隣室の騒音には困った

性別 男性
年齢 53歳
イニシャル A.U.さん
築年数 30年
アパートの構造 軽量鉄骨

アパートを選ぶ際には家賃の問題や、地理的条件などさまざまな要素を考慮した上で契約するものです。

諸条件を熟慮の上での選択したはずのその部屋も、住み始めてから意外な問題に気づくことがあります。それは騒音です。

私が住んだアパートも住み始めた時は快適だったのですが、後で騒音の問題に悩まされることになりました。

騒音の原因が複数だったこともあり、対応策に苦慮しました。騒音の種類別に私がとった対応策を記します。

アパート周辺の恒常的な騒音対策

私のアパートの近くに1時間に二本しか走っていないローカル鉄道がありました。

部屋を内観したときは、ちょうど電車が通らなかった時間に当たっていたため、電車の騒音については気づきませんでした。私は普段アパートの部屋で過ごすことは電車の騒音にきづいたのは、平日に部屋に居た時でした。

電車のダイヤ改正があったとしても、電車の騒音は解決できないと思いあきらめました。ただし、基本的に平日の昼間は在宅していないうえに帰宅が深夜でしたし、休日も外出が多かったので、平日の昼間にはなるべく部屋で過ごさないようにすることで騒音のストレスを回避しました。

しかし、平日の昼間に在宅している時間が多い人にには、線路の近くのアパートはお勧めできません。

アパート周辺の一時的な騒音への対策

引っ越してから3か月ほどすると、近所にマンションが建設されるとのチラシがポストに入っていました。

マンション工事も昼間だけですし、土日は休工事日だったこともあり、平日に在宅していなければならないときは、近隣の喫茶店などで過ごすなどなるべく、騒音の気にならない場所に移動してすごしました。

平日の昼間に在宅していなければならない状況もありましたし、その時にはかなりのストレスに悩まされ耳栓をしたりしていたこともありました。

アパートの隣室の深夜の騒音

隣室に新しい居住者が引っ越してきた時のことですが、その方が深夜に友人を呼んで飲み会をしたりする機会が多い方でした。

飲んで騒ぐ声は安眠を妨げるものでしたので、管理会社にその旨申し出て深夜に大きな声で騒がないようにアパートの掲示版に告知をだしてもらい、各部屋のポストにもチラシを投函してもらいました。

チラシの投函後には深夜の騒ぎ声も聞こえなくなりましたので、管理会社への通報の効果があったと言えます。アパートの住民が騒音を出している場合は、管理会社を通して伝えるのが効果的です。

直接、騒音を出している人に注意したりするとトラブルになるので注意が必要です。

アパートの騒音に対する全般的な解決策

騒音といっても、居住者が揃って感じているレベルの音量の騒音もありますし、気になる人が少数であるケースもありますので、騒音の発生源によって解決策を変える必要があります。

管理会社に一言伝えれば解消することもあります。しかし、電車の騒音や、車の通行に伴う騒音は不可避であることも多いので、あらかじめ部屋を選ぶ際には知っておくようにすべきです。

賃貸契約後に分かったとしても、引っ越しするにはそれなりの費用や手間がかかるものですから、部屋を選ぶ時にはできるだけ慎重になることです。

今後のアパート選びに失敗しないために

騒音については、引っ越してみて始めてわかったということがないようにするために、そのアパートに住んでいた経験のある人の声を参考にするとよいです。

そのような情報を提供しているインターネットのサイトもありますので、不動産屋さんからの情報だけでなく、幅広く事前に情報収集してから部屋を選べば、騒音に悩まされずに快適に暮らせるものです。

そのアパートの近隣で予定されている工事など、部屋を借りた後で発生してくる問題もある程度は、事前に予測できるものです。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ