もう我慢できない!マンションで発生する4つの騒音と苦情の伝え方

マンションで生活をしていると隣の部屋や上の階の物音や騒音に悩まされることがあります。子供やペット、楽器の音などその発生源は様々ですが、気に障るほどの騒音を頻繁に耳にしているとストレスの原因となり、日常生活や身体に大きな影響を及ぼしてしまいます。

そのような場合は我慢せず、適切に対処し、住民同士でお互いに快適な生活を送れるようにしましょう。今回はマンションで耳にする騒音について注意点を紹介します。

どんな音に困ってる?マンションで発生する代表的な4つの騒音

マンションでの生活において発生し得る騒音は、以下に示す4つのタイプです。

赤ちゃんの泣き声

赤ちゃんがいる家庭はとても多く、隣室や上階に住んでいるという状況は多くあります。赤ちゃんの泣き声は大きく、昼夜問わずいつでも聞こえてきます。夜中でも泣きますので聞く側としては泣きやむまで我慢しなくてはなりません。

子供の行動

近隣に小さな子供がいるケースも多くあります。特に行動が活発な子どもは走り回ったり、大声を出したり、元気な証拠で子供の成長の観点では喜ばしいことですが、その活発な行動によって発生する騒音に毎日耐える側にとってはやはり苦痛を伴うことになります。

趣味に由来するもの

騒音の発生源は、赤ちゃんや小さな子供だけではありません。若い青年からお年寄りまで、音を出す趣味を持っている方は意外に多く存在します。中でも楽器の大きな問題演奏は問題になりがちです。

楽器は音の強弱が調整できる電子ピアノやギターもありますが、大きな生音を出す楽器も多くあります。エレキギターやピアノを持っている家庭もあり、これらの音はマンションの壁を容易に突き抜けてきます。

心地よいメロディーを奏でてくれればまだ耐えられるかもしれませんが、練習過程の演奏の場合は心地よい演奏とは到底言えません。これもまた毎日我慢し続けるのは苦痛でしょう。

ペットによるもの

大きな声の発生源としてよくあるもう一つの典型はペットによる騒音です。小型の小動物やおとなしいペットであれば声が聞こえることはほとんどありませんが、大型の犬や猫などの動物の声はとてもパワフルで隣や上下の部屋へと響いてきます。夜中に泣き声を発することもあり、睡眠時に声を聞くと気になってしまうかもしれません。

みんな騒音を我慢しているの?許容できるレベルとは

多少の騒音は仕方ありませんが、一般的にはどの程度の騒音まで許容できるのでしょうか?

受忍限度という考え方

近隣の騒音を考える上で、一つの指標に受忍限度があります。これは「社会生活を営むうえで、騒音・振動などの被害の程度が、社会通念上我慢できるとされる範囲」と定義されており、これ以上の騒音は違法とみなされる可能性があります。

受忍限度を超えている?一般的な基準値とは

ある自治体では、昼間は50-80dB、夜間は40dBという数値を規制基準として設けています。昼間の最大値80dBというのは、電車の車内やピアノの演奏を目の前で聞いている程の大きさです。

一方、夜間の40dBというのは図書館などのかなり静かな場所の音量レベルです。つまり、昼間の掃除機の音やピアノなどの楽器演奏の音は、一般的には受忍限度以下と言えそうです。

どのような影響がある?騒音による生活への影響

受忍限度を超えるような騒音にさらされていると、どのような影響があるのでしょうか?

睡眠障害

最も短期的で、大きく影響するのは、睡眠への影響です。人によって騒音への耐性は様々ですが、多くの人にとって眠るときに耳にする騒音は不快で気に障るようです。一度気になり始めるとより一層眠りにつきにくくなり、これが毎日のように継続すると睡眠障害へとつながり、生活に支障がでてしまいます。

身体的な影響

騒音による身体的な影響として以下のような項目が考えられています。長期的に騒音を耳にすることにより、身体的な負荷は大きなものになってしまいます。

    <2つの身体的な影響>

  • 自律神経系への影響
  • 内分泌系への影響

騒音を発している相手ははどんな人?相手を知ることの重要性

他人が発する騒音によって、不調を生じるような状況は絶対に避けなければなりません。しかし、実際には不快であることを相手に伝えるのは非常に難しいのも事実です。突然苦情を伝えるとトラブルに発展する可能性もあります。

苦情をうまく伝え、理解してもらうには、まず隣や上階に住んでいる住民を知ることが重要です。もしあなたが見ず知らずの人から突然、生活音がうるさいからやめてくださいと言われたら、どうでしょうか?素直に受け止められないかもしれません。

対応の方法は?苦情の伝え方

もし、相手が話のわかる人であれば、率直に騒音で困っていることを伝えても問題ないでしょう。但し、相手もわざと騒音を発生している訳ではないので、必要であれば音を立てても良い日時を提案してもよいでしょう。

一方、何を言っても理解してもらえない自己中心的なタイプであれば、直接話してもあまり効果はないかもしれません。その場合は大家さんや管理会社へ仲介を依頼し、騒音を改善してもらう必要があります。

彼らが真剣に動いてくれない場合は、自分で騒音を測定し、定量的に騒音レベルを提示することも一つの有効策です。

近年では小さくて簡便に音量レベルを測定できるデバイスが販売されていますので、一度購入して試してみるのも良いでしょう。

まとめ

騒音を聞きながら生活するのは非常に不快です。本来家は安心してゆっくりできる心地よい空間でなければなりません。もちろんマンションなどの集合住宅は多くの住民が生活する空間ですので、多少の生活音は我慢しなければなりませんが、他人の生活を犠牲にしてまでも騒音を発生してよいはずがありません

受忍限度を超えるような酷い騒音が継続的に発生するようであれば、しっかりと相手に伝え、快適で心地よい空間を取り戻してください。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ