え?大声がうるさいだって?変人の奇声はもっと怖いぞ!

性別 男性
年齢 29歳
イニシャル S.H.さん
築年数 20年
アパートの構造 木造

一人暮らしの経験が何度かありますが、これほどハズレを引いたアパートは初めてでした。

その前の時は家族と同居していたのですが、家族の転勤が重なり、それを機にまた引っ越しをしたのです。

ところが、引っ越しした先のアパートの騒音に悩まされるとは全く思っていませんでした。

しかも下見をした時や契約した時等には全然その兆候が見られなかったので、本当に想定外で悔しかったです。

1、学生の出入りと宴会が多いアパート

近くに大学等はないはずだったのですが、大学生ぐらいの若い子達が夜によく集まって、鍋パやらタコパ、ゲーム大会やら色々していたのです。

その声が本当にうるさかったのです。恐らく6人以上は居たかと思います。話し声だけならまだ我慢できたのですが、急に乾杯をしたり騒ぎ出し、酔った勢いでドンドンと足音もうるさくなって、たまに「ウェーイ!」と奇声もあげます。

そして、隣りの部屋にふいにぶつかって、ドンと音がする事も結構ありました。ちなみに叩き返したこともありますが、結局倍になって返ってきたので、諦めました。

私が経験する宴会やパーティーのノリとは全く違うタイプでしたので、結局注意はできませんでした…。

2、奇声をあげる変人もいた!かなり怖い!

ですが、そんな学生はまだ可愛い方です。若気の至りでまだ許せます。それよりも怖いのが、変なオジサンが夜の11時すぎ~夜中にかけて奇声を上げていることです。

毎日ではないのですが、週に2,3回そんな事をしているので、本当に怖かったです。酔っているのかは何とも判断がつかないのですが、何だかよくわからない言葉を大声で発しているのです…。

正直イラついたので注意しようかとも思ったのですが、関わるのも怖かったので、結局これも放置しました。逆恨みされるのも怖いですから。奇声が始まったらデカイイヤホンを付けて、テレビやパソコンの音楽で紛らわしました。

これでは結局解決にならないのですが…。ちなみに、他のアパートに住んでいる人達も全然注意している気配はありませんでした。

3、一応大家さんや友達に相談してみたが…

さすがの私もそんな日が毎日続いたので、大家さんに相談しました。

一応大家さんは話は聞いてくれたのですが、随分前からそうみたいで、中々止めてくれないそうです。つまりは、れっきとしたアパートの住民である事もこの時はっきりしました。

たまに大家さんが声掛けしてはくれたのですが、まず会話になっていない様子がアパートの窓から見えました。一層、「あのオジサンとは関わっちゃダメだ」という考えになってしまいました。

ちなみに友達に相談した所、「警察呼んだほうがいいんじゃないの?」と言われてしまいました。そこまで行くと色々面倒なことになりそうなので、結局警察沙汰にはしませんでした。

でも内心正直警察を呼びたいほどでした。だからと言って自分は巻き込まれたくはないので「誰か警察呼んで!」って感じでした。大家さんが良い人だったので、警察を呼んで面倒にするのも気の毒と思い、諦めた次第です。

4、対策方法が何もないなら、逃げるが勝ち

元々このアパートに住み続ける気がなかった私は、1年経つ頃を見計らって引っ越しました。悲しいことに、私が引っ越しを決めてから学生もちょうど引っ越しをしたようでお隣は静かになりました。

変なオジサンの奇声は相変わらずなのですが、どうしてこう自分の引っ越しが決まってから、少し静かになるのかと、イラッとしたものです。でも、結局終の住処にするわけでもないので、さっさと安全な所に行くのが身のためです。

気の強い人なら、学生にも変なオジサンにも注意できる人もいるでしょう。でも私はそういうタイプではなかったので諦める方で結局このアパートで一年過ごしてしまいました。

今回の事で、ある意味経験を積んだので、次回は防音のしっかりした鉄筋のマンションに引っ越しました。小さいマンションながらも防音がしっかりされていたので、部屋が狭くても十分満足でした。

鉄筋で壁も厚い所に住むようになったので、ほとんど音を感じる事はなくなりました。もし今度引っ越す時が来ても、こういう所に住もうと決意しました。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ