毎晩、電車の騒音との戦い!寝不足も続きました

性別 女性
年齢 32歳
イニシャル A.M.さん
築年数 28年
アパートの構造 軽量鉄骨

毎日の騒音が毎日の生活に支障をきたします。

私の場合は電車の騒音でした。

毎日、走っている電車の音は防ぎようがありません。

なので自分がいかにその騒音をどうにかして少しでもシャットダウンしなければなりません。

そんな騒音を少しでも防止した経験談を綴っていきたいと思います。

きっかけは転職

今から二年近く前の話です。

転職を気に一人暮らしをしようと探した場所は通勤に便利な場所。馴染みのある土地でもあったのでここにしようと決めました。不動産の紹介で駅からも徒歩15分以内、1Kでユニットバスではありますが内装もリフォームをしているため綺麗で、なんと家具付きマンションそして家賃もこの土地の割には手頃ということだったのでここに決めました。

住む前は初めての一人暮らしにワクワクしていました

早速、住む場所も決まって、いよいよ一人暮らしの準備を少しずつ進めていくように実家に置いてある洋服などの荷造りしたりなどをしていよいよスタートします。

住む前は気付かなかった騒音の始まり

いざ一人暮らしが開始されました。

初めての夜寝る時はドキドキで気が気じゃない状態でした。当初は不思議と電車の音にはあまり気にならず、まずは一人暮らしの新しい生活に慣れなければいけないという事が念頭にあった為、環境や住み慣れない土地に少しずつ馴染めるように規則正しい生活を心がけるなどに集中していました。

ところが慣れてきた頃に、あれ?電車の後ってこんなに大きかったっけ?という事に気付き始めました。

電車の騒音が気になりだしたら耳につくように

電車は始発から終電まで続きます。

その中で自分が普段家にいる時間は18時から次の日の朝の7時までです。寝る時間が23時以降となるとまだ終電が終わってない時間なので寝始める頃から電車の騒音を気にしながら寝て終電がなくなる頃には眠りにつきますが始発が始まったらその音で目を覚まします。

よって完全なる睡眠時間は1日の平均で5時間ほどとなってしまいます。そんな日は日中も眠くて仕事にも集中できません。

毎日の電車の騒音で慢性的な寝不足に

眠れない時間が長いとそれだけ疲れも取れず寝不足になりました。

実家にいた時がいかに快適に眠れたという事が実感されるほどこの生活が辛くて体調も崩しやすくなりました。もちろん仕事は朝から眠い時もあれば昼過ぎから強烈な睡魔に襲われる時もあります。

仕事にも影響をきたしもうこんな生活はキツイと思うようになってきました。

電車の音で普通電車か貨物列車なのかが音だけで区別できるようになりました

日中、家にいる時も電車の音が聞こえる為、何分間隔で電車が通るのかも把握出来るようになりこれは電車で貨物列車かもわかるようになり改めてそこまで電車の音が響くところに住んでるんだと感じました。

うんざりもしますが、それ以外は快適なのと一人暮らしはやめたくないのでどうにか改善策を自分なりに考えました。

電車の騒音対策で自分なりに考えたのは耳栓

耳が異様に良いのか電車の騒音に慣れないだけなのかはわかりませんが私にとって不快な電車の音は睡眠の妨害になっているので快適に眠りたい一心で耳栓を試してみる事にしました。

始めは耳の違和感から圧迫感があって眠りにくいなって、思ったのですが続けていく事によって耳の違和感は減り電車の騒音はだいぶ軽減されました。でも仕事の日は必ず目覚ましを付けるので耳栓をしているとその音に気づかないんじゃないかって不安に思ったので目覚ましをいつもの音より大きめにしたりスヌーズにするなど目覚まし時計を増やしてそこは改善されました。

今後も耳栓睡眠は続けていこうと思っています。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ