ピアノの騒音は大問題!解決に向けて行動の順序よく進めよう

ピアノの騒音は、悩んでいる人にとって深刻な問題です。

足音のようにマンション特有の悩みではなく、一軒家であっても近所から聞こえてくるピアノの音にストレスを感じている人はいます。

ひどい騒音に心身に支障が出るほど困っている人も多いでしょう。ピアノ騒音の解決に向けてすべきことを紹介します。

音の発生源を突き止める

ピアノの打音は鉄筋の柱を伝わって、上下左右のお宅に伝わります。場合によっては、2階、3階下の家まで伝わることもあります。

ピアノの音が聞こえてきたら、まずは発生源を突き止めましょう。勝手に隣りの家と決め付けて行動して万が一斜め上だった場合、人間関係に無駄なトラブルが発生する可能性もあるので、慎重に行動した方が良いです。

発生源が分かったら、お宅に突撃しクレームを言う前に、必ずマンションの管理規約を確認してください。

マンションの管理規約を確認する

マンション自体がピアノ禁止である場合は、まずは管理組合を通して注意することが一般的です。

その場合はできるだけ匿名で伝えてもらうようにしましょう。マンションは人間関係のトラブルが起こりやすく、噂の広がりやすい住居です。人に文句を言われては嫌な気持ちがするものですので、匿名で解決できれば最適です。

マンションによっては、ピアノが禁止ではないものの制限時間を設けていたり、ピアノ教室は禁止という場合も多いです。またピアノに限定されていなくても、周りの生活に支障をきたす騒音を数値化して禁止している規約がある場合もあります。

直接相手先を訪れる上での注意点

管理規約に触れていない場合、仕方ないことですが自分で相手と話し合いをする必要が出てきます。まず相手の家族構成や人柄など、できる限りに情報は集めておきましょう。一軒家も含め、騒音問題は時には傷害事件に繋がるほどのトラブルに発展します。

相手先を訪れる時には、できるだけ複数の人数で行くのが安心です。夫婦であれば2人で行くのはもちろん、管理組合や管理人などに仲介役として同行していただければベストです。

はじめは丁重に依頼することになりますが、大切なのは具体的に依頼内容を伝えること。例えば演奏時間の取り決めや、防音工事の可否、消音機能の設置依頼などです。

まとめ

ピアノの騒音の解決には、順序があります。マンションであればまず管理規約と管理組合を徹底的に利用することが大切です。それでも解決できなかった場合は、直接の訴えに行動を移しましょう。

あくまではじめは低姿勢に、その後の生活に遺恨を残さない形が理想的です。もし最終的に解決に至らなければ、裁判という方法も残っています。そのためには多くの証拠と記憶が必要になりますので、早めの段階で用意をはじめましょう。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ