苦情ははっきり伝えよう!騒音に対する3つの手段と4つのポイント

引っ越して新しい場所での生活はワクワクしますよね。しかし、不安もたくさんあります。その中でも、騒音についてはいざ、生活してみないと分かりませんよね?せっかく新生活をスタートしたのに騒音で台無しに…。そんなことにならないために、騒音に出会ってしまった時にトラブルにならない苦情の言い方を、伝える手段と伝え方の2種類に分けて、紹介します。

そもそもどんな手段で伝えるの?一般的な3つの伝え方

まず、伝える手段について。しっかりと苦情を伝えられて、かつ近所関係に亀裂が入らない伝え方がいいですよね。

    <苦情の伝え方の3つの方法>

  • 相手の家に出向いて口頭で伝える
  • 苦情を書いた手紙を投函
  • 大家・管理人など第三者を通して

それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

家に出向いて口頭で伝える

メリットは直接伝えるために、意思疎通がしっかりと取れる点です。しかし相手が怖い人だったり逆ギレする人だった場合は聞き入れてもらえないというデメリットがあります。

苦情を手紙に書いて投函する

手紙だと相手と直接伝える必要がなく、口論になる心配がないのがメリットです。住所や名前を記さず匿名で出すこともできます。デメリットは相手がどのように受け取ったのか、反応が見えない点です。

大家・管理人など第三者を通して伝える

これも直接伝える必要がないのがメリットです。また、直接伝えてもらえれば相手の反応もうかがうことができます。デメリットは大家・管理人がちゃんと頼れる人なのか見極める必要がある点です。相談したからと安心せず、なにをしてくれるのか、どう行動するのかの確認しなければなりません。

伝えたからって安心は禁物!大家・管理人に伝えるときに注意すること

大家・管理人を通して苦情を伝える場合には、こちらの名前を出してほしくない旨を必ず伝えておきましょう。伝えないでいてくれるだろう…という勝手な思い込みはNGです。こちらから念を押しすぎて困ることはありません。相手と摩擦を起こしたくない気持ちを伝えましょう。

明確に伝えてすれ違いを無くす!苦情の言い方のポイント4つ

伝える手段が決まれば、次に考えるべきは内容。明確に意見を伝えることが大切です。注意するべき点は4つあります。

    <苦情の伝え方4つのポイント>

  • 怒りに身を任せない
  • 明確な理由を伝える
  • 何の騒音なのか伝える
  • 避けてほしい時間帯を伝える

怒りに身を任せない

4つの中でも、怒りに身を任せないことが一番大切です。怒った勢いで苦情を言えば、感情をぶつけるばかりでなぜ怒っているのか相手に伝わりません。

また、こちらが高圧的になれば相手もわが身を守ろうと意地になってしまいます。

明確な理由を伝える

ただ「うるさいので静かにしてほしい」だけでは、相手は説得できません。なぜ静かにしてほしいのか、理由を伝えましょう。

「子どもが昼寝の時間なので静かにしてほしい」「睡眠の時間なので静かにしてほしい」など、静かにしてほしい理由を明確にすることで相手になぜ騒音が迷惑なのかという理由を伝えることが大切です。

何の騒音なのか伝える

夜中の洗濯機の音がうるさいのか、足音がうるさいのかはっきりと伝えましょう。

どの程度なのかといったデータを提示することも大切です。騒音を録音すると伝わりやすくなります。特に大家・管理人は住人全員に平等な立場でいるはずですから、納得させる為にもデータは必要です。

どうしても避けてほしい時間帯を伝える

生活騒音ならば、相手にとって必要な行動が騒音になっているということ。消すことはできません。でしたらどうしても避けてほしい時間だけ伝えましょう。「午後1時から1時間だけは子どもの昼寝をさせたいから」「夜12時に就寝するのでそれまでにしてほしい」と伝えることで、被害を避けることができます。

キレてしまうその前に!苦情は早めに言わないとダメ!

我慢できない!そう思ったら早めに苦情を言うようにしましょう。明確に説明するための証拠集めはもちろん重要です。しかし、日々ストレスのたまった状態では、ちょっとした物音にも気が立ってくるようになってしまいます。

神経質になれば、自分も冷静な判断ができなくなってしまいます。そうなる前、落ち着いた状態で手を打つことが大切です。

信頼関係がとにかく大切!一緒に住んでいるという意識を持ってもらう!

苦情を言うことをためらってしまう大きな理由の1つは、相手との関係の悪化が避けられないという思いからです。信頼関係が生まれれば、苦情もスムーズに伝えやすくなります。

生活騒音なら相手も好きで出しているわけではありませんし、たまの友人の集まりではっちゃけてしまうことだってあるでしょう。そういった相手の立場を理解している姿勢を持つことも大切です。

一緒に住んでいるという意識を持ってもらう

相手を理解する姿勢を示すことで、相手に共同生活をしていると自覚してもらうことが必要です。

日ごろからあいさつを欠かさないなど、好意的な姿勢を見せるようにしましょう。苦情に対して改善してくれたら、次に会ったときには感謝の言葉も伝えるようにしましょう。

まとめ

人が集まって生活しているのですから、多少の騒音はつきものです。しかし、過度に我慢してもせっかくの生活が台無しになってしまいます。伝える手段と内容の工夫次第で、生活は取り戻すことができます。今回は騒音に出会ってしまった時の伝える手段と伝え方の2種類を紹介しました。

苦情を入れることは大変なことですが、乗り越えた先には素晴らしい毎日が待っています!ぜひ、行動を起こし、快適な日々を取り戻しましょう!

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ