気になってしょうがない生活騒音!4つのパターンと対処方法

マンションでの生活は、一戸建てと違って、庭の手入れや建物のメンテナンスなど、面倒な部分は管理会社が担ってくれるのでとても快適ですね。その一方、騒音問題のようなマンション特有の悩みもあります。

騒音には、楽器や日曜大工など、趣味に伴う音、リフォームに伴う騒音など、様々なものがあります。中でも、日常の生活で発生する生活騒音はとても身近な騒音問題と言えます。

生活騒音は日常的に発生するものなので、一旦気になりだすと非常にストレスを感じます。我慢する前に自分でできる対策にはどんなものがあるか、紹介します。

うちの騒音はどのタイプ?生活騒音の4つのパターン

マンションで問題になる生活騒音には、大きく分けて4つのパターンがあります。

    <4つの生活騒音のパターン>

  • 足音や椅子を引くような動作音
  • 洗濯機、掃除機などの機械音
  • 話し声
  • 子供の出す音

足音や椅子を引くような動作音

歩く音や、椅子に座ったり立ったりするような、ごく普通の生活をしていて発生する音が、マンションでは騒音として階下の住戸に響く場合がよくあります。カーペットの部屋よりもフローリングの部屋でより大きく響きます。

カーペット仕様のマンションだった部屋をフローリングに改装した場合に問題になる事例も多数あります。築年数を経たリフォーム物件は要注意ですね。近年の分譲マンションでは、規約でフローリング材に防音素材を使用するなど条件を付けている物件が多いようです

洗濯機、掃除機などの機械音

洗濯機や掃除機などの動作音は、一時的なものとはいえかなり大きなものです。共働き世帯の増加に伴って、夜に掃除機をかけたり深夜や明け方にタイマーで洗濯機を回す家庭も増加しており、騒音問題となっています。

また、夜のリラックス時間に使用するマッサージチェアも、階下や隣接住戸に振動音となって問題となる事例もあります。

いずれも、昼間は他の音にまぎれて気にならない音も、夜になると騒音と感じる人が多いものです。

話し声

意外と騒音問題で多いのが人の話し声です。これも、昼間は気にならないレベルでも、深夜など、周囲が静かな時間帯に大きな声での会話が聞こえると、うるさいと感じやすくなります。ホームパーティーなど人が集まるような場合に苦情となる事例が多いようです。

子供の出す音

小さな子供がいる家庭からは、泣き声や歩く足音、遊んで走る音や飛び跳ねる音など、とにかく様々な音が出ます。子供はうるさくて当然というような親の態度でイライラがつのるなど、コミュニケーションがうまくいっていない場合は騒音問題に発展しやすいようです。

どうやって言ったらいい?苦情を伝える3つの方法

これらの生活騒音に対する苦情の伝え方を紹介します。

    <苦情を伝える3つの方法>

  • 相手に直接伝える
  • 手紙など書面で伝える
  • 管理会社に相談する

相手に直接伝える

生活騒音を出している住戸が特定できる場合、訪ねていって相手に直接騒音に対する苦情を伝える方法があります。しかし、一般的にこの方法はおすすめできません。

直接の対話でお互い感情的になってしまった場合、逆恨みされてトラブルになりかねません。また、一度のお願いで改善されなかった場合、何度も苦情を言ううちに関係がこじれる可能性もあります。

普段から交流があるような、お互いの信頼関係がある場合以外はやめた方がよいでしょう。

手紙などの書面で伝える

手紙などの書面で苦情を伝えたり、住戸の扉などにメッセージを貼り付けるという方法もあります。直接言いに行くよりも、顔が見えない分気が楽です。しかし、これも直接伝えるのと同様、お勧めはできません。

例え無記名で手紙を書いたとしても、無記名の手紙というものは一般的に失礼である上に、だいたいどの住人が書いたものか、うすうすわかるものです。この場合も逆恨みされる可能性は避けられません。

管理会社に相談する

苦情の訴え先としては、管理会社に相談するのが一般的です。管理会社を通すメリットは、自分が苦情を言っていると相手にわかりづらい事です。

一方、対応に時間がかかったり、全戸配布の注意文や掲示板に注意書きが貼られるだけというような、あまり効果が期待できない対応になる場合もあります。

相談の際には、騒音の状況について、時間帯や音の内容、頻度などの具体的なメモを準備しましょう。騒音の詳細がわかる方が、管理会社もポイントを押さえて対応しやすくなります。また、具体的にどう対応してもらえるか確認しておくといいですね。

これだけはやめて!壁ドンするのはNG

ネットで検索して調べると、お隣の騒音への対処方法として、まず壁をノックして知らせてみる、というようなアドバイスもあります。しかし、顔の見えない相手から壁越しにドンドンされるのは恐怖感を与えかねません。今後も隣人として接する事を踏まえて、やめた方がいいでしょう。

また、壁ドンで隣接住戸に知らせたつもりでも、マンションは構造を通して振動音が伝わるため、隣接住戸以外にも騒音として聞こえます。自分が騒音元となっては本末転倒ですね。

実は一番大事!普段からご近所とコミュニケーションを

生活騒音は、普段の生活で起こってしまう騒音のため、基本的には「お互い様」と考えた方がよいでしょう。そのためには、普段からあいさつをするなどして、近隣住戸の住人とはコミュニケーションを取っておく事が大切です。

家族構成やライフスタイル、住人の人となりを理解できれば、今まで騒音と感じていた生活音がさほど気にならなくなるかもしれません。また、気になる騒音についても、直接相談しやすくなるでしょう。

今すぐ対処したい!簡単にできる騒音対策とは

様々な手段で苦情を伝えたとしても、騒音がなくならない場合もあります。そのような場合は、自分で何とか対策するしかありません。自分でも簡単にできる騒音対策を紹介します。

家具の配置を変える

騒音が聞こえてくる方向の壁際に、本棚のような背の高い家具を配置することで、ある程度の防音効果が期待できます。もちろん棚には本などをきっちり収納した方が効果があります。

音でカバーする

静かな部屋で過ごしていると、わずかな物音でも大きく響いたりして気になるものです。騒音が聞こえてくる時間帯には、ラジオやテレビを付けるなど、意識的に音を出すことで、騒音をカバーする事ができます。窓をあけて外の音を入れるけでも、小さな物音なら気にならなくなります。

耳栓をする

最近は安価で性能のよい耳栓が簡単に手に入るようになりました。寝る時や勉強に集中したい時など、ここぞという時に大きな防音効果を発揮します。

まとめ

いかがでしたか?生活音を一旦うるさいと感じてしまうと、毎日の事なのでとても大変ですね。我慢してイライラを募らせると、些細な音でも気になるようになったり、感情的に苦情を言ってしまったりします。

ここでは、生活騒音にはどのようなものがあるのか、4パターンにわけて紹介しました。また、3つの代表的な対処方法について伝えています。

我慢の限界を超える前に、早めに対策をとって快適に生活できるといいですね。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ