子供はうるさくて当たり前?子供の足音の悩みの解決法

子供は地域の宝、大切に見守り育てていきたいものです。しかし、マンションなどの集合住宅では、子供をめぐる騒音トラブルが絶えません。中でも、よくあるトラブルに「子供の足音がうるさい」というものがあります。

小さい子供には言って聞かせてもなかなか伝わらないもの、子供はうるさくて当たり前、と自分に言い聞かせても、度重なる騒音が我慢できない事も有ります。このような場合、どうやって解決すればいいのでしょうか。

私は神経質?子供の足音がうるさく感じる

子供の歩く音がうるさい、と思うなんて、自分は神経質だと感じるかもしれません。

とても多い「足音」トラブル

マンション暮らしでは、様々な騒音問題がありますが、中でも子供の足音は、とてもよくあるトラブルの一つです。インターネットで「子供足音」で検索をすると、かなりの数がヒットする事でもトラブルの多さが分かります。

相手が子供だからといって、受け取る側がうるさい、と感じればそれは騒音です。ストレスをためる前に、早めに対処しましょう。

大人のは聞こえないのに?子供の足音が気になるワケ

大人の足音は気にならないのに、子供が歩いたり走ったりする音が気になるのはなぜでしょうか。

子供は歩き方に特徴がある

響く足音の原因は「かかと」にあります。子供は歩く時にかかとから床に着地する傾向があります。この時、ドンドンという様な重低音の響く音が、下の階にまで伝わっていってしまいます。この音は、振動音のため、同じ部屋に住んでいる家族は気が付きにくいものです。

大人の足音が聞こえない理由

ではなぜ大人の足音は聞こえにくいのでしょうか。大人は、マンションでどういう音が階下に響くかある程度わかった上で、無意識に歩き方を工夫しています。かかとから着地するような歩き方から、大人になるにしたがって、このような歩き方をする人は少なくなります。そのため、子供の足音だけ階下で聞こえるのです。

騒音はお互い様?大切なのはコミュニケーション

マンションでの騒音トラブルにおいて、騒音の苦情を直接相手に伝えることはできれば避けたいもの。子供の出す騒音についてはどうでしょうか。

騒音とは認識していない場合も

子育て中の親の場合、特に小さい子供のいる家庭では、子育てにいっぱいいっぱいで、自分の子供が騒音を出していると認識していない可能性があります。まずは、聞こえる音の現状を伝えて、なるべく丁寧に音が聞こえている事を伝えてみてはどうでしょうか。足音が響いていることに気づいてもらえれば、子どもに注意したりマットを敷くなどして対策をとってもらえます。

普段からコミュニケ―ションをとる

小さい子供が音を出しても当然と考えている親が多いのも事実ですが、こちらの現状を伝える事で、お互い思いやりの気持ちを持つ事ができます。また、日ごろから挨拶するなどして顔見知りになる事で、より円滑なコミュニケーションを持つことができます。

顔見知りになる事で、同じ音が聞こえても騒音と感じなくなるという例もあります。

これだけはやめた方が!「床ドン」は禁じ手

子供の足音に限りませんが、いくら上階がうるさいとはいえ、床をつついて上に知らせる行為はやめた方がいいでしょう。

床ドンは迷惑行為

あなた自身が騒音で迷惑を受けているにも関わらず、床ドンをするという事は、上に知らせるという意味以前にそれ自身が迷惑行為となります。これでは本末転倒です。

また、床ドンの音は、その意図に関わらず、受け手側に恐怖感を与えます。育児で追い込まれている母親の場合、このような行為でさらに追い込まれてしまいます。子育てストレスが溜まっている場合は逆上して、やったやらないと泥沼化する恐れもあります。

騒音がいくら耐え難くても、床ドンだけはやめておいた方がいいでしょう。

やっぱり直接言いたくない!管理会社に苦情を伝えるコツ

どうしても足音が我慢できなかったり、直接苦情を言う事に抵抗があるという場合は管理会社に相談してみましょう。

状況を詳しく説明する

ただ「子供の足音がうるさい」、というだけでは、管理会社もなかなか対応してくれません。足音が気になる時間帯や頻度、音の大きさなど、具体的な情報を伝えましょう。あまりにも音が大きい場合などは、管理会社の方に現場で確認してもらうのも良いでしょう。

その後の対応を確認する

管理会社によっては、苦情を受けるだけ受けてその後に対応してくれなかったり、全戸配布の注意喚起チラシを配るだけで終わる事も。

あなたがどのような対応を望んでいるのか、管理会社はどこまで対応してくれるのか、相談の時点で具体的に話ができているといいですね。

まとめ

子供の足音はとにかく響きやすいという事がわかりました。子供の足音に関するポイントは以下です。

    <子供の足音がうるさい時に知っておきたいこと>

  • わざとではなく子供の「歩き方」が原因
  • 親は気づきにくい
  • 苦情で子育て疲れの親を追いつめないように
  • コミュニケーション次第でうるささは軽減する
  • いざとなれば管理会社に連絡する

子供は地域の宝と言われているにも関わらず、その足音がうるさいと感じる時、自分は不寛容なのでは?とストレスに感じます。しかし、音の大きさに関わらず、「うるさい」と感じた時点で騒音といえるでしょう。

ここでは、子供の足音がなぜうるさく感じるのかをお伝えしました。そして、親子ともに追い詰めないような苦情の伝え方や対処法について書きました。

できれば日頃からのコミュニケーションを欠かさず、いつかは子供も大きくなるというおおらかな気持ちで接してみてはどうでしょうか。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ