子供の騒音にもう我慢できない!その原因と今すぐできる対策

マンションやアパートに住んでいると、上の階や隣接する住戸の音が気になります。中でも子供の騒音については、子供がいない世帯だけではなく、子育て中の世帯の方など、世代を通して非常に悩んでいる人が多いトラブルです。マンション住まいでは避けて通る事のできない問題とも言えるでしょう。

ここでは、子供の出す騒音について、その種類や音の経路を整理し、どのように解決すればいいかの方法を探ります。

子供の出す音ってどんなもの?その発生原因とは

子供のいない家庭では、なぜそんなに騒音を出すのか理解できない一面もあります。まずは、どんな音が騒音となって聞こえてくるのか、状況を理解してみましょう。

子供自身が出す声

子供自身が出す声は、大人と違って高い音のため、とても通りやすいものです。泣き声や叫び声はもちろん、普段の会話でも、大人の声は聞こえないけれども子どもの声だけキンキン響いてくる事も。特に大声でなくても聞こえやすい音域なのだ、と理解しておきましょう。

子供を叱る、親の声

子供の声に加えて、よくあるのが子供を叱る親の声がうるさい場合です。たしなめるような声ならまだしも、怒鳴ったり罵ったりしている時の言葉遣いが荒いと、声の大きさ以上に気になってしまいますね。

足音、ドアの開け閉めなどの生活音

子供は大人ほど注意してドアの開け閉めをすることができません。そのため、不注意に閉めたドアの音などが振動音となって大きく響きます。

また、子供の歩き方と大人の歩き方に違いがあるのを知っていますか?子供は無意識に「かかと」を先に床につくように歩きます。これが階下に響く音となります。

テレビを観ている時の活動音や楽器などの音

大人はテレビ鑑賞といえば座って静かに見るのが当たり前。一方、子供はテレビやDVDを見ながら歌ったり踊ったりしがちです。楽器を演奏する場合でも同じです。時には飛び跳ねたりする事もあります。

このような動きが、ズンズンというような振動音になって響いてきます。大人と子供の行動に違いがある事を知っておくとよいでしょう。

一体何の音?子供の出す4種類の騒音

子供のいる家庭では、いろいろな騒音が発生します。その内容や音が伝わる経路を知ることも対策に一つになります。

    <子供が出す騒音の種類>

  • 子供自身が出す声
  • 子供を叱る、親の声
  • 足音、ドアの開け閉めなどの生活音
  • テレビを観ている時の活動音や楽器などの音

すぐにやってみたい!自分でできる騒音対策

騒音対策として、まずは自分で対策を取れるものを紹介します。騒音に悩んでいるよりは、まず実践してみましょう。

空気を通って伝わる騒音は物理的にシャットアウト

子供や大人の声は、開け放った窓やベランダの戸から聞こえてくる場合がほとんどです。まずは窓周りから対策を取りましょう。

子供の行動を理解する

子供がいなければ、なぜそのような音がでるのか、理解できないためにイライラしてしまうこともあります。歩き方の特徴や、子供の行動パターンを知ることで、なぜそのような音が出るのかがわかれば、イライラも少しなくなることでしょう。

顔見知りになる

顔の見えない他人の出す音には、どうしても神経質になりがちです。まずは挨拶からはじめて、顔見知りになってみましょう。お互いに知り合うことで、騒音の事についても話しやすくなります。

耳栓をする

最近は性能の高い耳栓が発売されています。起きている間に耳栓をすることは多少抵抗があるかもしれませんが、就寝時や昼間に少し仮眠を取りたい場合には、手軽な割に大きな効果が期待できます。

ちゃんと対応してもらいたい!管理会社に相談するコツ

ある程度自分で対策をとったとしても、限界があります。このような場合、マンションでは管理会社を通して対応してもらうのが一般的です。以下にうまく対応してもらえるコツをお伝えします。

何回も連絡する

管理会社に連絡して、すぐに対応してもらえるかどうかは、残念ながら管理会社次第です。一旦連絡したものの、その後の対応がないような場合もありますが、あきらめずに何回も連絡してみましょう。ただし、クレーマーのように取られると逆効果です。あくまで冷静に、丁寧に状況を伝えましょう。

近隣住民と協力する

マンションでは、一つの部屋に隣接する住戸が複数あるため、騒音については近隣の住民が、同じように騒音に悩んでいる場合が多いのです。同じ悩みを持つご近所同士で協力して管理会社に状況を伝えてみましょう。

管理会社も、単独の苦情で動かなかった場合でも、複数の苦情が挙がれば、対応せざるを得ない状況になります。

また、同じ悩みをわかち合う事で、精神的にも支えられることでしょう。

管理員さんと仲良くなる

普段から管理員さんと仲良くしておくことで、管理会社を通す前に管理員さん経由で対応してもらえる事もあります。騒音以外に何か問題があった場合にも、管理員さんと面識があると心強いですね。

いつまでも子供じゃないはず!時にはあきらめる

いろいろ対策を取った上で、子供の騒音が無くならない場合もあります。そんな時は、ある程度のあきらめも必要です。

子供はいずれ大きくなる

夜中まで泣いていた赤ちゃんも十年経てば小学生、更に五年で高校生です。いつまでも子供でいるわけではありません。子供の騒音は一時的なものと割り切るのも一つです。

捉え方を変えてみる

所詮他人は他人と考えて、自分の考え方を切り替えてみるのもいいでしょう。

「どこへ行ってもうるさい人はいるものだ」「自分よりも厳しい隣人に悩んでいる人もいる」と考えれば、自分の境遇もすこしはマシに感じられるかもしれません。

まとめ

子供が出す騒音には、泣き声や叫び声のような声以外にも様々なものがあります。何故そのような騒音が発生するのか理解した上で、自分でできる対策を紹介しました。

また、自分で解決できない場合には、マンションの管理会社に相談する事が一般的ですが、相談する時のコツについても紹介しました。

多様な住人が住むマンションでは、子供の騒音は避けて通れないものですが、子供はいずれ大きくなるもの。お互い知り合う事から始めて、子供の成長を見守れるような関係になれたらいいですね。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ