もう泣き寝入りしない!マンションでもできる壁からの騒音への対策

マンション暮らしで避けて通れない騒音問題。そのほとんどは、壁や床を通して聞こえるものです。部屋の壁が薄いと嘆いても、音は容赦なく聞こえてきます。

音が聞こえるたびに隣近所に苦情を言うのも気が引けますね。まずは、自分で対策をとりたいものです。ここでは、自分でできる騒音対策にはどのようなものがあるのかまとめてみました。

自分で簡単設置!壁からの音をシャットアウト

壁自体を厚くすることはできませんが、自分で手軽に壁に施せる防音グッズがあります。

気になる壁に自分で貼れるシート

本来内壁に使われれる建材で、遮音効果が得られる「遮音シート」があります。このシートは、薄手のものならカッターなどで加工ができ、貼って剥がせる両面テープなどで壁に貼り付ければ、下地の壁紙を傷めずに設置することができます。

因みに建材なので、見た目がオシャレとは言えません。好みの壁紙を上から貼るなどして、カバーしたほうがいいでしょう。

吸音材で効果アップ

更に防音効果を高めたい場合は、吸音材を併用するのが効果的です。再生ポリエステル製の吸音材は、ピン止めやスプレー糊で遮音シートに固定する事もできますし、厚みがある物ならそのまま壁に立て掛けて使用できます。

お金をかけたくない時は

防音シートや吸音材を壁全体に貼るとなると、どうしてもコストがかかります。そこまでお金をかけられない場合はどうすればよいでしょうか。

手もちの素材や、安価に購入できるもので壁からの音を防げるものに、布や段ボールがあります。カーテン生地やエスニック雑貨店などで安価に売っている大判の布を、壁際にカーテンのように設置することで、ある程度の音を吸収できます。段ボールは簡単に手に入りますし、軽量なので気軽に壁全体を覆う事ができます。

防音シートなどに比べて大きな効果は望めませんが、「とりあえず」で試してみるのもよいでしょう。

床からの音もこれで万全!防音マット

マンションの場合、騒音は壁から伝わるだけではなく、構造を通して様々な方向から伝わってきます。

床からの音が壁に伝わる

自分の出す足音などの対策に、床にマットを敷く事は有効です。それに加えて、床から壁に伝わる音の対策として、マットを敷くことは効果があります。

カーペットやコルクマットを床に敷き詰める事で、ある程度効果を得ることができますが、専用の防音マットを敷くことでさらに高い効果が得られます。自分が出す音の対策が、結果的に外からの音にも効果があるとは、まさに一石二鳥ですね。

手もちの物で騒音対策?壁際に家具

新しく対策グッズを手に入れなくても、手元にある物で防音対策を取ってみましょう。中でも家具は、配置次第で防音効果を得る事ができます。

背の高い家具を壁際へ

本棚やタンスなど、背の高い家具があれば、隣の住戸に隣接する壁際に配置してみましょう。できれば中身も本などで隙間を少なくしておきます。また、設置に際しては、壁にピッタリ付けるのではなく、1センチメートルほど空気の層を作っておきましょう。家具と中身が、壁を通して伝わる音を吸収するため、防音効果があります。

困った時はまず連絡!管理会社に相談する時のコツ

自分でできる騒音対策にも限界があります。どうしても我慢できない騒音の場合は、管理会社に相談してみましょう。

うるさいタイミングでメモを

管理会社に相談する時は、隣がうるさい、というだけでは説得力がありません。管理会社も不確かな情報ではなかなか動いてくれないものです。

どちらの方向の壁から、何時、どのような音が聞こえてきたのかなど、騒音が聞こえたタイミングでメモを取っておくとよいでしょう。具体的な情報がある方が、管理会社も相手に注意を伝えやすくなります。

対応について確認する

管理会社によっては、相談を受けただけで何もしてくれないという場合もあります。管理会社がどのような対応をしてくれるのか、確認しておきましょう。

また、こちらがどのような対応を望んでいるのか具体的に伝えておくのもいいですね。賃貸住宅の場合、住人が壁自体に加工する事が難しいため、管理会社の方で防音シートを貼りつけるなどの対応をしてもらえるよう希望してもいいかもしれません。

めんどくさがりでも大丈夫!手間をかけずに防音対策

忙しいけれども手っ取り早く防音対策がしたい、という方もいるでしょう。簡単でお金もかからない方法をご紹介します。

耳栓を使う

最近は安価で高い防音効果のある耳栓もあるようです。一日中つけている事は難しいかもしれませんが、どうしても静かに過ごしたい「ここ一番」に耳栓を使う事で、壁からの騒音も一時的に防ぐことができます。

普段の生活では気にならないけれども、夜寝る時だけは隣家の音が気になるような場合に良いですね。

まとめ

マンションやアパート暮らしで、避けて通れないのが壁を通して聞こえてくる隣からの騒音です。直接文句を言う前に、自分でできる対策はいろいろあります。ここでは以下の対策について提案しています。

    <壁からの騒音への対策>

  • 遮音シートで壁からの音をシャットアウト
  • 防音マットで床から壁への音を防ぐ
  • 家具を有効に使う
  • やむを得ない場合は管理会社に相談

まずは遮音シートや防音マットなど、自分で簡単に設置できる防音グッズについて、その内容や設置や効果について紹介しました。さらに、新しくグッズを購入しなくても家にあるものでできる防音対策についても書きました。

やむを得ない場合は管理会社に相談する事も念頭に置いたうえで、できる限りの対策は自分で取って、うまく工夫をこらして隣人と付き合っていきたいものですね。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ