マンションのリフォーム工事の騒音!我慢できない時どうすれば?

マンションの一室をリフォームする時に出る音で悩んでいる方も多いです。リフォーム工事の騒音で悩まされたとき、ずっと我慢すべきか苦情を言うべきか迷いますよね。

工事業者はどれくらいの騒音になっているか、わかってない場合があります。苦情を言う前にチェックすることや、どのように対処すべきかをお伝えします。

まずリフォームする部屋と工事内容をチェックする

まずはどのお部屋がリフォームされるか知っておきましょう。そして工事内容をチェックします。

マンションの一室をリフォームする際、どんなリフォームをするのか工事内容を共用部分に貼りだしてることがあるので確認しましょう。もし貼りだしていない場合は管理人さんや管理会社に聞いてみます。

内容をなぜチェックするのかというと全面リフォームだと、床から壁、天井、キッチン、トイレ、風呂など大々的なものだと騒音が大きくなりますし期間も長くかかります。床の張り替えや壁紙の張り替えだけだったら短期間で済みます。

どのくらいの期間の工事かを把握しておくと、こちらの心構えもできるからです。

工事期間と時間はどうか

工事時間も重要です。常識外れた時間に工事するのはルール違反です。

大概の業者は住民のことも考えて、早朝や遅い時間、休日などには工事をストップします。もし早朝や遅い時間に工事をしては、その騒音で睡眠が邪魔されたりストレスにつながりかねません。

非常識な時間や休日に工事をする場合は管理会社や大家さんに相談することも考えてもいいでしょう。

苦情をいう時にチェックしておくこと

もしどうしても我慢できない大きな音が長く続いたり、時間が非常識な場合に管理人さんや管理会社に相談してみてもいいと思います。

その場合には、落ち着いてどのような点が困ったかを伝えれるようにまとめておきましょう。例えば○月○日に早朝から工事をしていた。○月○日はスゴイ音が長時間していた等。

管理会社や大家さんが具体的に業者に伝えれるようにメモしておくとよいでしょう。

苦情を言ったあとの配慮も忘れずに

リフォームしたあとには新しい住人の方や、これまで住んでおられた方が引き続き住まわれることになります。

もし騒音で悩んだら直接苦情を言いに行くよりも、お互いが気持ちよく生活できるために管理会社や大家さんにお任せしてみましょう。もしかすると自分の家もこれから先にリフォームや工事をする時が来るかもしれません。

その時は隣人に迷惑をかけるかもしれないという事を忘れず、お互いさまの大きな心でいる事が大事ですね。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ