騒音はどう防ぐ?音の仕組みを理解してきっちり防音対策!

人の話し声って気になりますよね。マンションならひそひそ声は聞こえませんが、大声の会話はマンションの壁や床を通して伝わることも。

一時のことだったら我慢できるのですが、それが毎日続くとノイローゼになります。実は人の話し声は、聞いてて不快に感じる音の1つ。

その理由は、聞き取れそうで聞こえないから、なんです。人間は自分の耳に入っている言葉を理解しよう、と脳が判断します。

しかしマンションの床や壁を伝って聞こえる音は聞こえそうで聞こえない。しかも音は大きいから不快、と嫌なこと尽くし。今回はそんな大声での会話に対する対処法を紹介します。

聞き取れない音は不快?直接聞く音と違う理由とは?

人間の耳には不快に聞こえる3つの音があります。1つは高い音。キンキンと鳴り響く音はとても深いです。

例えば黒板を引っ?いた音とか、甲高い声でしゃべる人の声も該当しますね。2つめは大きな音です。例えば工事現場の音は大きくて騒音の対象になります。最近は騒音にならない配慮を行っていて、例えば夜間工事を避けています。

それでも、リフォームや新築の家が建つとき、かなり大きな音が出ますよね。私が住んでいたマンションの近くに新しいお家が建つことになって、土日が毎日工事でした。本当に音が大きくて大変でした。

3つめが、音は聞こえるけど何を言っているか分からない音。つまり脳が正常に判断できない音のこと。これは人間を不快にさせる音です。何を言っているか知りたい、と思うのです。

音が伝わる仕組みを知ってる?伝えない工夫が必要

さて音が伝わる仕組みは簡単です。人間の発声器官は喉から、大気を震わせて音を作っています。波の振動と考えてください。そして音の高低は周波数によって変わります。

音が伝わる仕組みは、音の振動が空気を伝って届くから。この仕組みを理解すれば、音を意図的に遮断することも可能です。例えば真空状態にする。真空は空気が無い状態ですから、音が伝わることはありません。

ただし現実には真空にすることができません。よって、音が伝わりにくい緩衝材を床や壁に付けることが大切。音は密度が高い物体を通るとき音が伝わりにくくなります。

逆に密度が低い物体ですと空気と同じように振動しやすいので、音は伝わりやすくなります。

壁や床に防音シートを設置すると大声が軽減される

大声の会話がどこから伝わってくるのか、まずは調べましょう。大抵、物体の密度が薄い個所から音は伝わります。

例えば、窓です。窓はガラスやサッシだけで成り立っています。あの薄さ1cmしかないガラスは、簡単に音を通すでしょう。また玄関のドアも案外音を通しやすいもの。またマンションによっては壁も音を伝えやすい。

対策としては防音シートやボードを張ることがおすすめです。例えば、100円均一で買えるようなコルクボードやプチプチ。断熱材としても使えるし、防音としてもOK。空気層を創ることで音を止めることが可能です。

まとめ

大声の会話は、2つの意味で人間を不快にさせます。1つは音の大きさ。2つめは、音を正しく判断できないこと。よって大声の会話が聞こえないよう遮断することが一番大切です。

騒音に悩まされている方の多くが適当な情報を鵜呑みにして対策をしています。しかし、まずは音の仕組みを理解することが大切です。音は波の振動です。

つまり空気を伝わっているのです。これさえ理解すれば、要は空気が振動しない状態にすればよいと気づきます。音を遮断するためには、密度の高い物質を緩衝材として使うことです。

例えば断熱材や天井材に使われるロックウールなど、建材がおすすめ。他にも100円均一で買えるコルクもおすすめ。木材は音を通しにくい材料です。壁全面に張る方法もあれば、部分的に張って壁の薄い部分だけをシャットアウトすることも可能です。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ