上の階がうるさい! 騒音被害で警察を呼ぶ時の注意点

マンションに住んでいると、上の階がうるさいと感じることがあります。それは、人の足音だったり、大音量の音楽だったり、宴会で騒ぐ音だったりとさまざまです。

そのような騒音の被害があった時は、警察を呼ぶことを考えてしまいます。しかし、警察となると躊躇してしまうことも多いものです。

「本当に呼んでしまっても大丈夫だろうか」という不安のため、なかなか踏み切ることができません。そこで、警察を呼ぶ時の注意点を、いくつか紹介していきましょう。

そもそも騒音とは?騒音の意外な定義

警察を呼ぶ前に気になるのは、その音が本当に騒音なのかどうかです。そこで、警察を呼ぶ前に、騒音の定義を確認しておきましょう。騒音とは、昼間は55デシベル以上、夜間は45デシベル以上の音を指します。

55デシベルとは、日常生活での普通の話し声や、お風呂の排水の音などです。45デシベルはもっと小さく、エアコンの風の音や、木の葉がそよぐ音に相当します。このように、騒音とみなされる音は意外に多いのです。特に夜間は、上の階がうるさいと感じたら間違いなく騒音です。

通報の前にできることは?通報以外の方法と注意点

警察を呼ぶのは悪いことではありませんが、実際に呼ぶ前に、まずは管理人を介して苦情を伝えるのも有効な手段です。

相手に騒音を出している自覚がない場合は、周りの迷惑になっていることがわかれば、すんなり聞き入れてくれる人もいるのです。ただし、自分で直接注意するのは避けるべきです。

住人が常識的な人ばかりとは限らないので、最悪の場合は暴力沙汰に発展することも考えられます。そのため、苦情を伝える時には必ず管理人を通しましょう。

相手にはわからない?通報しても安心な理由

警察に連絡する時に不安なことと言えば、誰が連絡したのか相手にわかってしまうことです。しかし、警察には守秘義務というものがあります。

そのため、上の階の住人に尋ねられても、誰からの通報だったのか話すようなことは決してありません。そもそも、通報した時に名乗る義務がないので、名前を聞かれても「匿名でお願いします」と言えば、警察にも通報者はわからないのです。

ただし、自分で注意した直後に警察を呼んだのでは、たとえ警察が話さなくても通報者は明らかです。警察を呼ぶならば、そのようなタイミングは避けましょう。

どこに連絡する?交番より110番がおすすめ

いざ警察を頼ろうとした時、110番か近くの交番か迷うことがあります。

110番は気が引けてしまい、交番を選ぶ人も多いでしょう。しかし、一度で効果がなく、何度か通報する場合もあることを考えると、交番を利用するのは避けるべきです。

交番だと、何度も連絡するうちに、相手にしてくれなくなります。そのため、警察へ通報するなら、交番ではなく110番がおすすめです。110番ならば、出動する義務があるため、何度連絡しても必ず対応してくれます。

まとめ

騒音に悩んで通報しても、警察は民事不介入なので対応してくれないという話がありますが、実際にはそんなことはありません。特に110番ならば、確実に対応してくれます。

管理人に伝えて音がやまない場合でも、警察ならば高い確率で解決してくれるでしょう。また、騒音が暴力によるものだった場合は、通報することで事件を防ぐこともできるのです。

騒音は、あまり日常的になると精神を病んでしまいます。健康に被害が及ぶまで我慢したりせず、悩んでいるなら思い切って通報しましょう。

マンションの騒音に悩む人のための究極の解決法

マンションを売却して騒音トラブルを解決!

もううるさい隣人とおさらばしたい!売却してすっきり!

マンションでの騒音トラブルを解決するのは容易な事ではありません。そんなことに時間と忍耐を使ってもストレスが溜まって人生の時間を無駄にしてしまいます。今住んでいるマンションを売却して新しい住処を探すのが最も精神的に楽な方法です。まずは、今のマンションがどのぐらいで売却できるのか知って新しい住処の資金にどのぐらい活用できるのかを考えましょう。今すぐうるさい騒音とおさらばして平穏な日々を取り戻しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ